「40歳を過ぎたらきもの暮らし」を目標に一枚一枚揃えてきた小島慶子さんの大人のための「きもの」の指南書---小島慶子・著『ゼロから始める 小島慶子のきもの修行』

貧乏性のきもの道

(文・小島慶子)

美術館に行って、国宝が欲しくなったことはありませんか? 美しい、と欲しい、はとても似ています。通でもないし、日常的に着ているわけでもない私の、それでも「きものが好き」という気持ちには「あの茶碗が好き」と似たものがあります。名品の茶碗を日常使いするような暮らしは無理だけど、優れた技術で手間をかけて作られた作品を所有して身体に密着させるって、すごくセクシーなこと! 一定の様式の中で美を表現する工夫のよろこびもあります。

きものは大人の女性のたしなみ・・・・・・と小さい頃から憧れていました。たぶんそれは、海外駐在員の妻だった母が、よくきものを着てパーティーに出かけるのを見ていたから。オーストラリアの家の玄関先で、ママ行っちゃいやだあ! と泣き叫びながら、しかし母の和服姿は美しいと思っていた3歳の私。その後、日本で七五三の晴れ着を着たときの高揚感が忘れられませんでした。そして、大人になってお給料をもらうようになって3年目の春先に、偶然、初めて呉服屋さんに足を踏み入れたのです。

それが「青山 八木」との出会い。今から18年前のことです。多くの作り手から信頼され、上質で洗練された品揃えに定評のある名店ですが、当時の八木さんはお店を出して5年ほどで、今ほど知られてはいませんでした。世間知らずの私は、反物のそばの小物を見て「和物の雑貨屋さんかな?」と見当違いをして店に入ったのです。

そこにいらしたのが、八木健司さん、由実さんご夫妻でした。棚から次々と美しい生地を取り出し、染めと織りの違い、小紋と訪問着の違い、この色が何で染め出されるか・・・・・・など、真剣に説明して下さる健司さん。一生懸命背伸びをして質問する私に、優しく共感して下さる由実さん。すっかり嬉しくなりました。お二人になら、もの知らずの私でも何でも訊ける。そしてなにより職人さんや作家さんが手をかけて作ったきものや帯の美しいこと!

私はそこで「40過ぎたらきもの暮らし!」という何の根拠もない大目標を立て、蕗の葉模様の綿紅梅の浴衣とミンサーの帯を誂えてお祭りや温泉に出かけたのを皮切りに、ボーナスを工面しながら少しずつきものを誂えていきました。色無地、飛び柄小紋、訪問着、江戸小紋、紬・・・・・・18年かけて揃えた5枚のきものは、どれも活用できるもので、納得のお買い物です。

このたび、きもの好きの編集者に「そんな幸福なきもの人生はないです!」と言われ、自分がきわめて合理的な買い方をしていたことを知りました。八木さんが予算と好みをきいて提案して下さった品揃えは、30万円のきものは30万円分かそれ以上着ないともったいなくて夜も眠れないという貧乏性の私のためのベストセレクションです。これは・・・・・・限られた予算で一生もののきものを買いたい大人の女性に役立つサンプルかもしれない!

きものに興味はあるけど買い方がよくわからないという人に、タンスの中で死蔵されたまま悲しく忘れられていく(あるいは悔しくて忘れられない)きものを買ってしまうまえに、是非ベストな買い方を知って欲しい! というわけで、八木さん監修のもと、私のなけなしのきものを公開して本にすることを決意しました。それが今回上梓した『ゼロから始める 小島慶子のきもの修行』です。

「40過ぎたらきもの暮らし!」という夢はまだ叶っていないですが、観劇や友人の披露宴で着た20代、子どもの祝い事や仕事で着た30代を経て、いよいよ「さして理由はないけどきもの」が不自然でない年齢になってきました。たとえば買い物や食事に和装で行っても「今日はえらい気合い入ってるけど、いったいどうしたんだ?!」などと言われなくなる40代。お気に入りのワンピースやスーツを着る感覚で、和服が選択肢に加わるのは嬉しいものです。

巻末では、市川染五郎さんときもの談義もしています。同世代の役者さんがたくさん活躍する今、大人の女性がきもので出かけていく場としても歌舞伎はぴったり。染五郎さんの貴公子のような佇まいを裏切るキレのあるトークには、ためになるアドバイスもいっぱいで、とにかく着よう! と大いに励まされました。

きものに興味はあるけど敬遠していた人、「面倒くさいのともったいないのが嫌い、だけど本物が好き」という大人の女性に、是非本書を手に取って頂ければと思います。

(こじま・けいこ タレント・エッセイスト)
講談社 読書人の雑誌「本」2015年4月号より

* * *

小島慶子(こじま・けいこ)
1972年、オーストラリア生まれ。タレント、エッセイスト。学習院大学を卒業後、1995年TBSにアナウンサーとして入社。1999年、第36回ギャラクシー賞DJパーソナリティ賞受賞。2010年退社、テレビ・ラジオ出演、連載多数。小学生の息子が2人

小島慶子・著/青山 八木・監修
『ゼロから始める 小島慶子のきもの修行』

講談社 税別価格:1500円

ゼロからきものを始めたい人に。浴衣から一枚ずつ揃えていった小島慶子さんによる大人のためのきもの指南本。監修は「青山 八木」。

 => Amazonはこちら
 => 
楽天ブックスはこちら


 ★ 読みやすい会員専用のレイアウト
 ★ 会員だけが読める特別記事やコンテンツ
 ★ セミナーやイベントへのご招待・優待サービス
 ★ アーカイブ記事が読み放題
 ★ 印刷してじっくりよめる最適なレイアウト・・・などさまざまな会員特典あり

▼お申込みはこちら
 http://gendai.ismedia.jp/list/premium