[陸上競技]
白戸太朗「『カテナイ』を変える! ~日本マラソン界の勝負~」

8月の世界選手権でも活躍が期待される今井選手<左>と前田選手

 中継を見始めた時に、今日は最後まで見なければならないような気がした。いつもなら、途中でほかの仕事に流されることもあるのに、結局最後まで目を離せなかった。放送終了後、慌てて次の用事に向かった。

 3月8日の名古屋ウィメンズマラソン。前田彩里選手は、実業団ランナーとしてのマラソンデビュー戦となった。彼女は15㎞の給水ポイントでの転倒後もペースを変えることなく、30㎞地点でのユニスジェプキルイ・キルワ選手のペースアップにも耐えた。最後まで力強い足取りで、2時間22分48秒の好タイムでゴールしたのは記憶に新しい。この記録は日本歴代8位だが、それよりも感心したるのが、日本女子として8年ぶりに2時間23分を切ったということ。世界が当たり前のように2時間20分台を連発している中で、日本人選手は8年も前から記録が停滞してしまっていたのだ。

 かつて女子マラソンは、2004年のアテネオリンピックまで4大会連続でメダルを獲得、いわば日本のお家芸だった。当時は日本のトップであることが、世界のトップクラスである証と言えた。ところが、05年に野口みずき選手が2時間19分12秒の日本記録を出して以降、日本人が2時間20分台を切ったことは一度もなく、国際大会ではなかなかメダルを獲得できなかった。男子同様、「マラソン日本」の記憶は徐々に薄くなってしまった。

 そんなムードが漂う中で、8年ぶりの好記録。関係者が盛り上がるのも無理はない。それも記録を出したのが、マラソン2回目で、まだまだ十分な練習を積んでいない若手である。オリンピックの出場経験のある元女子長距離選手は「ようやく出ました。これからが楽しみです」と語っていた。さらに「彼女が楽しみなのはもちろんですが、記録が出たことで周りが変わってくると思います」と周囲への好影響も期待している。閉塞感が漂うマラソン界で、今回の快走が他の日本人選手にも、「できるかも」と思えるきっかけとなる可能性が考えられる。