[アイランドリーグ]
愛媛・弓岡敬二郎監督「開幕スタメンは残りの実戦で決定」

即戦力中継ぎ、ドラ1・石川

 開幕までは、あと2週間ちょっと。元ヤクルトのラファエル・フェルナンデスを除き、メンバーが揃いましたが、まだ、どのようなチームになるか試合を重ねてみなければ何とも言えません。3月頭から行った今治での強化合宿は気温が低い日が続いたものの、バットの振り込みなど、シーズンに向けたまずまずの練習ができました。

 実戦も何試合がこなし、チーム内の競争も本格化してきました。新人選手で即戦力として使えそうなのはドラフト1位で指名した右腕の阿部直晃(神奈川・深沢高-神奈川大-横浜ベイブルース)です。テンポがよく、大崩れしないタイプのため、中継ぎでの起用を考えています。

 野手では外野手の高井悠生(岐阜商高)が18歳ながら、パワーがあり、楽しみな素材です。もちろん、まだまだ改善すべき点はあるものの、まずは試合で経験を積むことが大事。その中で本人が壁にぶつかった際に修正していければと思っています。

 また練習生のセカンド・吉田圭志(秀岳館高-東京国際大(中退))もおもしろい存在です。実戦では攻守で結果を残し、機動力も使えます。まだ二遊間の組み合わせは決まっていませんが、今後のプレーぶり次第では、選手登録、レギュラー獲りの可能性も出てくるでしょう。

 ピッチャーは正田樹、小林憲幸の先発2本柱は確定です。しかし、今季は試合日程が詰まるため、3人目、4人目の先発は不可欠。残りの先発ピッチャーは開幕までの実戦で見極めなくてはなりません。