ビックデータ

人は何歳で一番賢くなるのか? ビッグデータ解析で明らかに

〔PHOTO〕Thinkstock

約5万人のデータで検証

人間の知的能力は、年齢に応じて複雑に変化するということが、米ハーバード大学などの研究から明らかになった。

●"Older Really Can Mean Wiser" The New York Times, MARCH 16, 2015

●"When Does Cognitive Functioning Peak? The Asynchronous Rise and Fall of Different Cognitive Abilities Across the Life Span" Psychological Science, March 13, 2015

私たちの運動能力や知的能力が歳と共に変化することは、(科学者に言われずとも)誰でも実感している。知的能力に限ってみれば、たとえば「物覚えの良さ(記憶力)」や「暗算力」などの能力は若い頃の方が高い。一方で「相手の目や顔色を見て、その人の心理状態を推し量る」といった社会的な能力は、年齢が上になるほど高まる。これらは言わば私たちの常識だ。

が、従来、これらの知見は私たちが経験的に感じ取ってきたことで、必ずしも科学的な研究成果として実証されたわけではない。冒頭のハーバード大学などの研究では、10~89歳までの約5万人の被験者に様々な知能テストをオンライン(ウエブ上)で受けて貰うことにより、これら人間の知的能力が年齢に応じてどう変化するかを科学的に検証したという。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら