雑誌
まだ上がりそう、でも下がり始めてからでは遅い トヨタ・三菱商事・野村證券ほか「注目株」どこで売るのが正しいか
ついに来た!「株価2万円超えのこれから第5部
〔PHOTO〕gettyimages

いったん利益確定もアリ

「『買い』よりもはるかに難しいのが『売り』」

これは株式投資では常識とされている。株高が続いているとはいえ、「まだまだ上がる」と調子に乗り過ぎていると、大事な利益確定のタイミングを逃してしまうこともある。ここでは、現在は好調を維持している有名銘柄の「売り時」について考えてみたい。

まず、現在の株高を支えてきたのは、次々に好決算を出してきた自動車株。そのリーディングカンパニーであるトヨタは、円安ドル高基調が続いたこともあり、'15年3月期は過去最高益を更新予定で、現在の株価は8000円台をキープ。'14年前半は6000円を下回る水準だったが、10月以降から2000円近くも値を上げており、'07年に記録した最高値8350円に迫る勢いだ。株価は今後どう動くか。

ヤフーファイナンス『投資の達人』で、2年連続でMVPを受賞した投資顧問業「クマガイサポート」代表の熊谷亮氏が語る。

「たしかにトヨタの業績はいいですが、それも既に織り込まれての今の株価なので、これから一段高になる可能性は低い。目先調整、株価は一服の動きが予想されます」

トヨタは北米を中心に海外売上高比率が高く、為替変動の影響を強く受ける。大きなマーケットであるアメリカでは原油安の影響で大型車の人気が復活しており、トヨタ車も大型車を中心に売れている。ただ、主力である『プリウス』をはじめとするハイブリッド車の販売が振るわない。原油安が思わぬ向かい風にもなっているのだ。では、具体的な売り時はいつか。

投資情報サービスを提供するフィスコで株式チーフアナリストを務める佐藤勝己氏が指摘する。