情報収集と目利きの力が問われる「コンテンツ・キュレーション」---発見・蓄積・意味付け・共有・アーカイブのための工夫
筆者の「Scoop.it」のページ

あなたが従事している業界内の注目の最新ニュース、会社の同僚に共有しておきたい新しいトピックについての詳細な解説記事、ツイッターやフェイスブック上で話題になって目を通しておくべきトレンド情報など、あなただったらどのように発見し、蓄積し、意味付けし、その上で共有、アーカイブを行いますか?

英語で「ソート・リーダー(Thought Leader)」などと言われますが、ある特定の分野やテーマに関し、専門的な知識を持っていること、あるいは誰よりも情熱を持っていることを日々の活動の中で示し、その知見や信頼を持って業界のオピニオンリーダーとなることでビジネスに活用しようとする人・企業は今後増えることと思います。

一昔ではあれば上司が「今朝の日経のあの記事・・・」と言った際、即座に答えられる情報を把握しておけばよかったかもしれません。ただ、今日は超夕刊のニュースサイクルに縛られないリアルタイムで配信が行われるデジタルニュースコンテンツ、更にブログの記事から話題になっているツイートまで、まさにあふれんばかりの情報に囲まれています。

大量にあふれる情報・ニュースの中から、特定の分野・テーマに関して専門性と情熱を持って安定的に情報の取捨選択(キュレーション)をしてくれる人、「キュレーター」に対して注目が集まっています。もちろん、特定の分野での知見を原稿、ブログ、動画などで作成することで、価値ある情報を発信し、企業のマーケティング活動に活かす事例も、「コンテンツ・マーケティング」という言葉とともに語られているメガトレンドと言えます。

ただ、ブログのように文章にまとめる作業はそれなりに時間がかかること、またタイムリーな情報発信がなかなか難しいことから、注目する記事を厳選し、時に要約したり、自分なりの知見・洞察を加えたりした上で、適切なメディア上で共有すること、「コンテンツ・キュレーション」の重要性も、オリジナルの記事を書くのと同じくらいの注目が集まりつつあるようです。

たとえば、経済情報に特化したニュース共有サービス「ニューズピックス」においては、経済、ビジネス、医療、テクノロジーなど、さまざまな分野で活躍する16名の「プロフェッショナルピッカー(通称:プロピッカー)」を選出し、彼らの「目利き力」にスポットライトを当てています。こうした試みからは、ニュースのキュレーションという行為の広がりを感じられます。

まだ正解がない個人・中小企業の「コンテンツ・キュレーション」に対する6W1H

経済ニュースに特化したニュース共有サービスであればすでに「ニューズピックス」のように特化型プラットフォームがありますが、その他のさまざまな分野で自分の得意分野や情熱の持てるトピックについてニュースキュレーションを行おうと思った際、どのような方法があるのでしょうか?

ツイッターやフェイスブックで気になった記事をシェアするという行為は、すでに多くの方が日常的に行っているかもしれません。ただ、ある特定のテーマに特化したニュース記事を、そのトピックに興味関心を持ちそうな層に対して共有し、その後もインターネット上の検索などでも見つけられるようにアーカイブしておくとなると、それなりに工夫が必要とされるプロセスといえます。

海外で「content curation」と検索すると、効果的なノウハウ、便利ツールなどに関する記事があふれるように見つかります。英語圏においても決定的な手法やツールが固まっている訳ではなく、それぞれの専門家や業界毎の取り組みや試行錯誤が頻繁に行われているように感じます。

たとえば、以下のようなトピックを一つ一つ掘り下げただけでも1冊の本が書けそうな、ノウハウ、活用事例が数多く紹介されています。

「いつ(when)、どこで(where)、誰が(who)、誰に対して(whom)、なぜ(why)、どんな内容を(what)、いかに(how)」

また、本格的にコンテンツ・キュレーションを行おうと思った際、良質なコンテンツの[1]発見、[2]蓄積、[3]意味付け、[4]共有、[5]アーカイブなどについて、それぞれのコツ、最適なツールなども精査が必要になってきます。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら