[サッカー]
田崎健太「視界が開けた大学院での学び」

~中村武彦Vol.4~

スポーツ産業の本場へ

大学院でともに学んだ仲間と教授陣 提供=中村武彦

 2002年の2月――。
 中村武彦はマサチューセッツ州立大学アマースト校アイゼンバーグビジネススクール、スポーツマネジメントの大学院入試を受けていた。その面接の中で、将来について聞かれた。

「大学院を卒業した後、将来はどうしたいか?」
 予想された質問だった。中村は躊躇なく「メジャーリーグサッカーで働きたいです」と即答した。

 すると、面接官は怪訝な顔になった。
「メジャーリーグサッカー? メジャーリーグベースボールの間違いではないのか?」
「いや、メジャーリーグサッカーです」
 中村は言い返した。
 当時のアメリカの大学院ではサッカーはそんな扱いだった。

 スポーツ産業の本場へ それでも中村が、欧州でなくアメリカの大学院を選んだのは理由がある。
「スポーツマネジメントいうのはメソッド(手法)なんですね。経営学、経営手法の上に野球、バスケット、アメフト、ホッケー、などの競技がある。アメリカはスポーツ産業が最も進んでいます。その根本になる経営手法を知りたかった。ヨーロッパもそのメソッドを輸入している。その経営手法を使ってアメリカではサッカーをどう大きくしようとしているのかを見たかった」

 大学院の入試は、TOEIC(国際コミュニケーション英語能力テスト)、SAT(大学適性試験)で一定の得点を獲るが必須要件で、その他、論文、面接がある。
「論文といっても分量的には、2、3枚です。何を勉強したいのか、大学院に行くことによって自分のキャリアにどう影響するのか」

 中村は論文で、将来はアスリートの現役引退後を助ける職に就きたいと書いていた。
「当時はセカンドキャリアという概念も言葉もなかったんです。引退した選手が活躍できるような就職斡旋の会社を作りたいというようなことを書きました」

 中村は第1志望だったマサチューセッツ州立大学大学院経営学部・スポーツマネジメント修士課程に合格した。
「正直なところ、スポーツマネジメントってすごく自分の選択を狭めてしまったという意識もあったんです。もしスポーツマネジメントに興味が持てなかったら、潰しが効かない。ところが、実際に入ってみると、スポーツに関するあらゆる授業があった。スポーツマーケティング、スポーツ法、スポーツ社会学、スポーツ組織論、スポーツファイナンス、スポーツイベント運営……。スポーツ業界にはありとあらゆる分野があって、こんなに広いんだという風に感じましたね」