中国
習近平主席を主役とした壮大な芝居!? 中国政界のさまざまな「風景」が垣間見えた全国人民代表大会が閉幕

〔PHOTO〕gettyimages

ピラミッド式のゴマすり構造が構築されている中国共産党の実態

3月15日、11日間に及んだ全国人民代表大会(国会に相当)が、幕を閉じた。

中国の国会は、1年で11日間しか開かれない(もう少し短い年もある)。「一年を二十日で暮らすよい男」という江戸時代の相撲取りを皮肉った川柳があったが、中国の国会議員(人大代表)は、「一年を十一日で暮らすよい男(女)」ということになる。

加えて、中国には民主選挙がないから、国会議員たちは選挙区の有権者を気にしたり、「選挙の苦しみ」を味わうということもない。日本の国会議員のように、毎週東京と地元を往復したり、声を嗄らして有権者と握手して回ったり、首相がいつ国会を解散するかと気を揉むことはないのだ。そのくせ、「人大代表だ」ということで、地元民たちはひれ伏すから、相当な権威を持っている。

このように中国の人大代表は、一見するといいことずくめだが、もちろん世の中には、すべてオイシイ話はない。中国の人大代表たちは、自分を代表に選んでくれた最高権力者(習近平主席)へのお追従が必要なのである。もし最高権力者まで届かなければ、最高権力者の側近へのお追従が必要である。最高権力者の側近へも近づけなければ、最高権力者の側近の側近へのお追従が必要である。最高権力者の側近の側近へも近づけなければ・・・。

そうやって、ピラミッド式のゴマすり構造が構築されているのが、中国を事実上、独裁的に統治している中国共産党の実態である。考えてみれば、民主選挙がなくて、上部からの推薦によってのみ選出されるのだから、自分を選出してくれた「上司」に感謝し、阿諛追従の限りを尽くすのは、ごく自然な行為と言える。これまでは、ゴマすりプラス「袖の下」が必要だったのだが、後者に関しては、習近平政権が「八項規定」(贅沢禁止令)を定めて厳しく取り締まっているので、このところだいぶ下火になっている。

さらに踏み込んで言えば、人大は単なる「お飾り国会」とも言える。中国において人大というのは、「最高の国家権力機関」(憲法第57条)には違いないが、中華人民共和国憲法は同時に前文で、「中国共産党が各民族人民を指導する」と明記している。つまり、「人大が国権の最高機関ではあるが、さらに人大を指導するのが中国共産党だ」という論理なのである。実際、中国のあらゆる重要案件は、共産党中央で決めている。

日本で言えば、法律は国会によって定められるが、その前に自民党の総務会や4役会議ですべて決めてしまい、国会は自民党案の承認の場となるようなものである。それどころか、中国では国会は1年でわずか11日間しか開かれないのだから、深い議論のしようもない。一応、お飾り野党が8党あるが、中国人でこの8党の存在を知っているのは、かなりの政治オタクだけだ。