[BCリーグ]
石川・多田野数人兼任コーチ「長所を伸ばすアドバイスを」

「怒らない」米国のコーチ

 人生初の石川での生活がスタートし、チームが始動して約1か月が経ちました。北海道日本ハムを退団後、NPBでの現役続行を模索したものの、オファーがなく、どこかで野球を続けたいと思っていた矢先、石川でプレーしていた木田優夫さんから誘いがありました。

「選手とコーチ、両方やってみないか」
 選手のみならず、指導者としても話をいただいたことはとてもうれしかったです。34歳になり、いつまでも現役だけにこだわるわけにはいきません。自分の可能性を広げるためにも兼任コーチにチャレンジすることにしました。

 日本の独立リーグは日本ハムに入る前、四国アイランドリーグの徳島にスポット加入したことがあります。今回、阪神から入団した西村憲は、徳島でチームメイトになった西村悟の弟。これも何かの縁だと感じています。

 ただ、BCリーグに関しては試合を見たことがなく、選手についても真っ白の状態です。実際、トレーニングを始めてみると、「うまくなりたい」というヤル気がひしひしと感じられます。練習への取り組みも一生懸命です。

 NPBに行く選手との違いはおそらく、うまくなるための引き出しを持っているかどうかなのでしょう。今までの経験を踏まえ、そのポイントをうまく伝えられればと考えています。

 僕はプロのキャリアを米国で始めました。それだけに米国で教わったことが自分のベースになっている気がします。向こうのコーチは日本とは違い、「怒る」ことがありません。日本のように欠点を指摘するところから始めず、長所を伸ばすアプローチをします。その意味では、あれこれ指導するというよりも、能力をいかに100%引き出すかをメインの仕事にしていると言っていいでしょう。

 僕も1年目でどこまでできるかわかりませんが、選手のいい部分を尊重し、調子が悪くなった時にサポートしてあげられるような指導者になれればと思っています。