雑誌
アホかいな、大阪府警
不倫相手に会いに行く途中で、キセルがバレて辞職 ネットで愛人募集して、みんなで飲み会、みんなで処分 不審者を捕まえてみたら、同僚警官……

「警察密着24時」でも大阪のお巡りさんは関西弁でボケをかまし、親しみやすい。とはいえ、これはなんぼなんでもユルすぎる。調べて見たら出るわ出るわ、笑うに笑えない不祥事のオンパレードなのだ。

肉食系にもほどがある

「ほんまです。隣駅からちょっと乗っただけなんやけど、切符なくしてもうて。ほんまやって、信じてください」

栃木県の宇都宮駅で、ある男が必死になって身の潔白を訴えている。切符をなくしたということで駅員に「150円」区間の駅から乗ったと主張しているようだ。しかし、この路線の初乗り料金は190円。150円の区間など初めから存在しない。しかも、なんだこのコテコテの関西弁は。地元民しか利用しない隣駅から、関西人が乗るはずないじゃないか—そう怪しんだ駅員は、鉄道警察隊を呼んだ。

取り調べのプロである鉄道警察隊員に問い詰められ、男は観念したように、「キセル」したことを認めた。そして、男が素性を告白すると、今度は警察隊が驚くことになる。

なんと同業者、大阪府警の現役警察官だったのだ。

「四條畷署に勤務する、31歳の巡査長です。なんでも正月休みを利用して、栃木の愛人に会いに行くところだったとか。それにしても東京駅までは正規の料金を払って来てるのに、そこからのわずか千数百円をケチっとるわけやから、セコいというか、いじましいというか……」(大阪府警本部のベテラン刑事)

しかもこの巡査長、ある意味「札付き」の人物だった。ベテラン刑事が続ける。

「普段から女癖の悪いやつでね。いつか女性トラブルで何かやらかすとは思っていたが、まさかキセルとは……。

ネットで調べて切符紛失なら誤魔化せると思ったらしいんですが、さすがにお粗末過ぎましたわ。

『お願いだから、黙っといてください』なんて鉄道警察隊に言うて、本人は何事もなかったかのように、休み明けから勤務しようと考えていたようですが、キセルは詐欺やからね。そうはいきまへん」

鉄道警察隊から所轄署に連絡がいき、戒告処分を受けた。その後、巡査長は辞職したという。

「そんなアホな!」と全大阪府民がツッコミたくなる珍事件だが、これは氷山の一角にすぎない。ここ最近、大阪府警では表に出てこない、お粗末な不祥事が相次いでいるという。