[NBA]
杉浦大介「大混戦のシーズンを制するのは?」

 NBAの2014-15シーズンも終盤を迎え、プレーオフに向けてシード順が気になる季節に差しかかっている。

 例年、この時期には強力な本命、対抗馬が浮上しているのが通常だが、今季は特に群雄割拠のウェスタン・カンファレンスには複数の優勝候補が存在すると評判高い。そんな中で、今回は筆者が独断で優勝の可能性がある4チームを選出してみた。“4強”の戦力と不安材料を検証し、大混戦の争いを抜け出すポイントを探っていきたい。

歯車噛み合い、プレーオフでは本命に

クリーブランド・キャバリアーズ(キャブズ)
 39勝24敗(イースタン・カンファレンス4位)

 現時点で関係者間の投票でも行なえば、“優勝候補筆頭”として最も多くの票を集めるのはキャバリアーズではないだろうか。

レブロンが故郷チームのキャブズを悲願の初優勝に導けるかどうかが今春の最大の見どころとなる。Photo By Gemini Keez

 前半戦では勝率5割前後をウロウロしていたが、レブロン・ジェームスが2週間の休養から戻った1月13日以降は20勝5敗。その期間中は相手に平均11点差をつける強さを誇示し、ロスアンジェルス・クリッパーズ、シカゴ・ブルズ、オクラホマシティ・サンダー、ポートランド・トレイルブレイザーズ、ゴールデンステイト・ウォリアーズといった強豪を蹴散らしてきた。

 レブロン、カイリー・アービング、ケビン・ラブという“ビッグスリー”を中心としたチームに、徐々にケミストリーが生まれ始めているのは明白。結局、リーグ最大の注目を浴びて発進したタレント集団にも時間が必要だったということなのだろう。

「今季開幕直後のキャブズと前半終了時のキャブズの最大の違いは、長い時間をともに過ごすことで、お互いを信頼できるようになったこと。ロッカルームで日々を過ごし、アップ&ダウンを経験し、周囲の批判を乗り越えることで、より結束の固いチームになった。その過程で自分たちが向上するために必要なことに気付いていった。特にディフェンス面ではそれが顕著で、今ではコート上でも互いに助け合えるようになっている」

 オールスター週末中のアービングのそんな言葉通り、最近のキャブズのプレーには自信と落ち着きが感じられる。

 ティモフェイ・モズゴフ、JR・スミス、イマン・シャンパートらを獲得したシーズン中の補強策も見事に的中。中でも平均1.6ブロックのモズゴフの加入は大きく、ディフェンスが安定した。そして何より、1月の故障離脱から復帰以降のレブロンは好調で、現役最強選手らしい迫力を再び感じさせるようになっている。

 時を同じくして、もともと強力とはいえないイースタン・カンファレンス内で多くのチームが停滞を始めている。ワシントン・ウィザーズ、トロント・ラプターズはやや失速。キャブズの最大の難敵と目されたブルズもエースのデリック・ローズが膝の故障を再発し、今後に暗雲が漂った。リーグ最大のサプライズチームとなってきたアトランタ・ホークスこそ依然として最高勝率を保っているが、プレーオフでの実績は皆無に等しい。

 こうして見ていくと、少なくともイースタン内では、さまざまな要素がレブロンとキャブズに味方し始めているようにも思えて来る。それゆえに、現時点での勝率が上のチームを差し置き、ここではイースタン4位のキャブズをファイナル進出の本命に挙げた。

 東ファイナルがホークス対キャブズの対戦となった場合にも、レブロン、アービングらの個人技が最終的に決め手になるように思えてならない。そのまま良い流れに乗り、古巣復帰1年目でキャブズを初のファイナル制覇に導くようなことがあれば……その偉業は、輝かしい“キング・ジェームス”のキャリアの中でも最大の勲章となるだろう。