[ボクシング]
近藤隆夫「4・22井岡一翔、世界最速3階級制覇はなるか!?」

山中、神の左炸裂か

 4月、ボディメーカーコロシアム(大阪府立体育会館)で2つのビッグなボクシング世界戦が行われる。
 日本のリングでの世界戦開催は昨年の大晦日以来(男子に限る)のこと。例年通り、今年も春から再び「日本の拳闘シーズン」が始まる。

前回の防衛戦、3度のダウンを奪って圧勝した山中が今年の先陣を切る。

 まずは4月16日、WBC世界バンタム級王者・山中慎介(帝拳)が昨年10月以来、8度目の防衛戦に挑む。対戦相手はランキング7位、アルゼンチンのディエゴ・サンティリャン。

 現在27歳で、これまでアルゼンチン国バンタム級王座をはじめ、南米のローカルタイトルをいくつか獲得しており、戦績は23戦全勝(15KO)。ただ、名のあるファイターとの対戦はなく、またファイトスタイルも実にオーソドックス。過去の試合映像を見た限りでは、これといった特徴もない。これまでの両者の実績を比較すれば、予想は山中優位。ゴッドレフト(神の左)が炸裂し、KO決着となる可能性が高い。

 また、この一戦の前座で山中よりも5代前、第24代WBC世界バンタム級王者のベルトを腰に巻いていた辰吉丈一郎の息子、18歳の寿以輝(大阪帝拳)がプロデビューを果たす。いま大阪では、この話題で持ちきりで、テレビ放映されることも決まっている。まだ実力云々を問う時期ではないが、試合内容次第では、山中の防衛戦以上に注目を集めることになるかもしれない。

 その約1週間後の22日には、同所で井岡一翔(井岡)が世界3階級制覇再挑戦に挑む。

 一昨年の大晦日、フェリックス・アルバラード(ニカラグア)に判定勝利を収めたのを最後に3度防衛したWBA世界ライトフライ級王座を返上。その4カ月後にIBF世界フライ級王者アムナト・ルエンロン(タイ)に挑むが判定負け。王者にテクニックに翻弄され、決定打を放てず、プロ初黒星を喫してしまい、唇を噛みしめた。

 あれから1年間、井岡はくじけることなくパワーアップに努めてきた。そして満を持して、叔父である井岡弘樹が成し遂げられなかった3階級制覇という偉業に再チャレンジする。