【世界の中の日本 その3】 Gゼロ世界の中での日本の国際貢献

1990年代まで、世界のGDPの8割は日米欧などの先進国が占めていた。当時の世界秩序は、アメリカを中心とするG7で決めることができた。しかし、いまや中国、BRICSなどの新興国のGDPは世界の約4割を占めるまでに成長し、この世界の比重は様変わりしている(双方とも出典:IMF「World Economic Outlook」)。

ご承知の通り、G7はアメリカ、日本、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、カナダという民主主義と自由主義経済の価値観を共有する主要7ヵ国が、経済問題や紛争など国際的な課題に関する政策協調のために開催するサミットだ。

1970年代に誕生し、冷戦終結後にはロシアを加えてG8となり、昨年のウクライナへの軍事介入でロシアが参加停止となってG7に戻ったが、今世紀初頭まではアメリカを中心とした経済力と軍事力を背景に、国際秩序の安定に力を発揮した。新興国の台頭とともにG7だけでは世界秩序を担えなくなり、2008年のリーマンショックによる金融危機を転機に、成長する新興国を加えたG20が始まったが、G20は政治的、経済的価値観も共有されておらず、世界秩序の運営役は担えていない。

第二次世界大戦後、一貫して世界の運営の中心にいたアメリカのリーダーシップが限界に達した今の世界は、新たな秩序の構築に向けた過渡期だろう。米中によるG2論も一時期もてはやされたが、どうもそうなりそうもない。世界はますます多極化し、各国でナショナリズムが台頭している。しかし、環境問題や地域紛争などの課題を考えると世界規模での連携が不可欠である。だからこそGゼロ世界において日本がリーダーシップを取り得る余地があると言える。

「日本が世界に貢献するためにはいったい何が必要か?」 その貢献方法を提案するのが今回の「行動」だ。