3月5日法案提出! 2016年からの「18歳選挙権」を日本の「民主主義2.0」へのスタートに

2016年夏の参院選から「18歳選挙権」実現へ

政治とカネの問題など、政局によって遅れてしまっていたが、いよいよ本日3月5日に「18歳選挙権」実現へ、公選法改正法案が自民、民主、維新、公明、次世代、生活の与野党6党などの共同で衆議院に再提出される。

「18歳選挙権」については、2月6日に行われた、自民、民主、維新、公明など与野党の実務者による「選挙権年齢に関するプロジェクトチーム(PT)」で、改正案の再提出と、今国会で成立させる方針が確認されており、事実上、今議会での成立、2016年夏の参院選から実施される可能性は極めて高くなった。

私自身、大学時代の2000年にNPO法人Rightsを立ち上げ、この選挙権年齢の引き下げをライフワークに15年間最前線で活動を行ってきた。

1年前に、2016年参院選からの「18歳選挙権」実施をめざしたキャンペーン「Act18」を仕掛けた際には、関係者すら「現実的には難しいのではないか」と言っていたものがようやく現実のものになった事は感慨深いものがある。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら