[サッカー]
大野俊三「今季こそ鹿島優勝!」

完成度高いチームが優位

 いよいよ今季の明治安田生命Jリーグが開幕します。J1リーグは2ステージ制に方式が変わり、短期決戦で優勝が決まります。いかにスタートダッシュできるかがひとつのポイントとなるでしょう。

 リーグ初年度、僕は鹿島アントラーズでファーストステージ制覇を経験していますが、最初に勝っておけばセカンドステージでは他クラブの状況を見ながら戦いを進められます。その点では、どのクラブもまずは開幕から勝ち点を重ねたいと思っているに違いありません。

 となると、優位になってくるのは昨季から大幅にチームが変わっておらず、完成度が高いクラブでしょう。個人的には昨季3冠のガンバ大阪、そして古巣の鹿島が優勝候補とみています。

 G大阪はACL初戦でいいところなく黒星スタートとなってしまいましたが、それがかえってチームを引き締める効果を果たしたのではないでしょうか。ゼロックス杯では浦和レッズを2-0で下したように、しっかり立て直してきました。

 J2から復帰したばかりの昨季と違い、今季は他クラブから研究され、うまくいかない部分もあるでしょう。しかし、このチームにはMF遠藤保仁を中心にサッカーをよく知っている人間がいます。戦術面ではさらに熟成度が増しているはずです。裏を返せば、遠藤がアクシデントでいなくなった時、チームはピンチに陥ります。