[プロ野球]
佐野慈紀「由規復活でヤクルト、台風の目に」

ヤクルト・杉浦、低めの制球力が武器

 キャンプも終盤を迎え、どの球団も実戦が増えてきました。各球団の練習や試合を見て、目に留まった選手は投手では東京ヤクルトの由規、杉浦稔大、広島のクリス・ジョンソン。野手では北海道日本ハムの中田翔、西川遥輝です。

 ヤクルトの由規は右肩の故障で手術を受け、3年間1軍登板がありません。どのくらい戻っているか、ブルペンでのピッチングを注目していると、指にかかったボールの伸びはやはり一級品でした。オープン戦初戦の日本ハム戦(22日)でも2回無失点と結果を出し、復活での第一歩を踏み出したのではないでしょうか。

 僕も故障で長期離脱した経験がありますが、感覚をいかに取り戻すかが重要です。感覚と実際のボールが合致しなければ、いいボールは投げられません。由規は3年も1軍で投げていないのですから、なおさらでしょう。これからイニングを伸ばし、バッターと対戦する中で、どこまで良い感触を得られるかがポイントになります。

 昨年のドラフト1位右腕・杉浦は昨年のキャンプで見た時から新人王候補とみていました。故障のため、昨年はシーズン終盤に2勝(2敗)をあげただけでしたが、真っすぐも変化球も低めに安定して集められる点は彼の最大の武器です。

 以前も指摘したように、彼が悪い時はコントロールを気にし過ぎて、思い切りの良さが欠けてしまいます。年間通じて活躍するには調子の良くない時にいかに対処するか。バッターが思わず空振りしてしまうような豪速球や鋭い変化球を持っているわけではありませんから、いかにマウンドで修正する術を覚えるかが大事になります。

 由規と杉浦が先発ローテーションに入って勝ち星を重ねられれば、ヤクルトはおもしろい存在です。先発陣は小川泰弘、石川雅規、成瀬善久もいてコマが揃いますし、終盤のリリーフはトニー・バーネットと新外国人のローガン・オンドルセクが務めると聞いています。打線がいいだけに投手陣が整備されれば、2年連続最下位から一気に上位浮上する可能性は十分あるでしょう。