[BCリーグ]
村山哲二代表「9年越しの実現、8球団構想」

8球団でもたらされる新たな息吹

 今年で9年目を迎えるルートインBCリーグは、新たな一歩を踏み出します。創設時から目指してきた8球団でのリーグ戦がようやく実現することになったのです。新たに加わったのは、「福島ホープス」と「武蔵ヒートベアーズ」。既存の球団とあわせて4球団ずつの2地区にわかれ、NPB(ファーム)との交流戦を含めた公式戦を4月11日から行ないます。

 2007年に4球団(新潟アルビレックスBC、信濃グランセローズ、富山サンダーバーズ、石川ミリオンスターズ)でスタートしたBCリーグは、翌08年に群馬ダイヤモンドペガサスと福井ミラクルエレファンツが加わり、昨年まで6球団でリーグ戦を行なってきました。その間、ずっと8球団の必要性を感じ、実現に向かうべく奔走してきました。そして今年、それがようやく現実のものとなったことは、感慨深いものがあります。

 なぜ6球団ではなく、8球団なのか。リーグとしてまず一番に考えることは、現場と観客の両面において、マンネリ化を避けるということです。そのためには、やはり1リーグ制ではなく、両リーグの優勝チームがリーグチャンピオンの座を争うという構図のできる2リーグ制が適しています。

 これまでは他地区との交流戦で調整してきましたが、常に交流戦が行なわれているという、2リーグ制が正しく機能しているとは言い難い状況が生まれていたのです。2リーグ制として正常なかたちをとるには、やはり偶数チームで行なうのがベストであり、マンネリ化を避けるためには最低でも各リーグ4球団ずつの計8球団で行なう必要があるわけです。

 また、8球団にすることによって、現場における最大のメリットといえば、やはり選手の受け皿が拡大することでしょう。単純に2球団分の選手枠が広がるだけでなく、ルートインBCリーグの存在価値が拡充することにもつながります。

 それは既に数字として表れています。今月15日には千葉ロッテ様から浦和球場をお借りして合同トライアウトを行ないました。受験者は、前年2月に行なったトライアウトの倍の数にものぼったのです。こうした現象は、エクスパンション化をはかるBCリーグへの期待の高まりを表しているのではないかと感じています。

 さらに、現場の監督やコーチ、そして何より選手たちにも大きな効果があると期待しています。2球団が加入し、4球団ずつのリーグ戦を行なう体制が整ったことによって、同地区に3球団もライバルが存在するわけです。そうなると、毎試合新鮮さと、いい緊張感をもって試合に臨めるのではないかと思うのです。

 08年から7年間、各地区3球団ずつの6球団で行なってきたわけですが、やはりマンネリ化が生じてきていたことは否定できません。それが解消され、リーグに新たな戦いの息吹がもたらされるのではと期待しています。