赤羽を舞台にした奇怪な番組『山田孝之の東京都北区赤羽』に注目! ドラマはもっと東京の下町や地方を描くべき。

テレビ東京HPより

なぜ、ドラマの舞台はお洒落な街ばかり?

フジテレビの『問題のあるレストラン』(木曜午後10時)は良く出来たドラマだと思う。さすがは当代屈指の名脚本家・坂元裕二さんが書いている作品だ。真木よう子や安田顕らの演技も見応えがある。ただし、一点だけ疑問がある。なぜ、舞台が裏原宿なのだろう?

この作品に限らず、ドラマの舞台は渋谷区、港区に集中している。ほかの地域が選ばれることもあるが、せいぜい中央区、目黒区、世田谷区、千代田区あたり。たとえば、堀北真希が看護師役で主演するTBSの『まっしろ』(火曜午後10時)の舞台は、超セレブたち御用達の「東王病院」であり、おそらく港区内をイメージしているのだろう。同区赤坂に実在する「山王病院」を彷彿させる。

田中麗奈が主演する同じくTBSの『美しき罠~残花繚乱~』(木曜午後9時)にもセレブな男女やお洒落な街並みばかりが登場し、渋谷区と港区、銀座のある中央区の臭いが充満している。

ドラマに登場する東京は、まるで修学旅行における自由行動での行き先か、はたまた地方から上京した直後の若者が憧れる場所ばかり。お上りさんチックだ。もう少し東京の下町や深部を描いても良い気がする。

ドラマの登場人物たちが葛飾区立石のスナック街を飲み歩くことはないし、墨田区錦糸町や大田区蒲田の路地裏が描かれることもない。カップルが台東区の浅草ビューホテルや豊島区池袋のメトロポリタンホテルでデートをすることもない。どうやらドラマ界から黙殺されているらしい。

画面の中の東京人たちは大半がお洒落とされる街で暮らし、流行のファッションを身にまとい、きれいな職場で働く。あまりにも画一的だし、東京への誤解や偏見すら招いているのではないだろうか。

若者たち2014』(フジ)は下町を舞台として、貧乏な5人のきょうだいを描こうとした。その意欲には惹かれたが、無理が随所に見受けられた。妻夫木聡と瑛太の二人は自宅近所の公園で派手な大乱闘を繰り広げたが、それで通報されない場所は下町でも思い浮かばない。申し訳ないが、架空の下町にしか見えなかった。5人の貧乏ぶりにもリアリティーを感じなかった。生産年齢の若者が5人も一つ屋根の下に居ながら、いくらなんでも扇風機暮らしは考えにくい。