政局
安倍首相に論戦を挑む岡田克也代表の「形式論理」、これでは民主党に政権担当は無理
岡田克也・民主党代表の首相への質問で「器」が見えた photo Getty Images

「イスラム国」による人質事件をめぐる衆院予算委員会における首相・安倍晋三と民主党代表・岡田克也の論戦を聞いて、国家権力の動かし方、および指導者の在り方について根本的な違いがあることに気づいた。私見を先に記すなら、党首が交代しても、民主党にはやはり政権を委ねられないということだ。

危機管理システムへの無理解

まず、事実関係を整理すると、後藤健二さんが殺害された事件は昨年12月3日に「犯行グループ」から後藤夫人にメールが届いたことに始まる。政府は同19日に政府は後藤さんが拘束されたと判断した。だが、「イスラム国」の犯行と分かったのは今年1月20日、ビデオ映像が流された時点だった。

岡田が19日の衆院予算委で追及した論点を要約すると次のようになる。

「危機感が足りなかった。12月3日に、後藤さんの拘束が分かってから、官房長官は何時に官邸に入ったか。官邸に官房長官がいれば、もっと早く対応ができたのではないか。反省はないか」

官房長官・菅義偉はこの日、12月2日に公示された衆院選の応援のため、静岡県、愛知県を遊説している。岡田の追及に対し、菅は内閣法を持ち出してこう答えている。

「私が官邸を留守にする間、内閣法に基づいて、定めによって、世耕副長官に私の職務を代行できるというのがあるので、副長官にお願いして、私は不在にしていた。ただつねに、電話連絡は取っていた」

内閣法は第14条で「内閣官房副長官は、あらかじめ内閣官房長官の定めるところにより内閣官房長官不在の場合その職務を代行する」と定めている。

菅は昨年夏の段階で安倍と相談し、この規定に基づき、土日の「待機番」に3人の官房副長官を加えた。それまでの待機番は首相と官房長官だけだった。しかし、安倍が外遊や東日本大震災の被災地視察のため土日に不在となるケースが多く、菅がなかなか休養を取ることができなかったからだ。

菅が内閣法を説明しても、岡田は納得せず、追及した。

「官邸は必至の覚悟でやっていたと思うが、それにしては、毎日、毎日街頭演説か。いつ、そういう作業をしたのか、夜か。どうして昼間にいないのか」「中心になる官房長官が昼間いないということが、私には理解できない」

「私には理解できない」というのは岡田の常套句だ。筆者には、理解できない岡田が理解できない。岡田の論理が「官房長官がいれば対応できた。いなかったから対応できなかった」という単純な考え方だからだ。