[裏方NAVI]
岩田雄樹(トレーナー)<後編>「出会いと学びの14年間」

 阿部慎之助(巨人)、小川泰弘(東京ヤクルト)、増渕竜義(北海道日本ハム)……今では何人ものプロ野球選手から信頼されるトレーナーとして日々、治療を行なっている岩田雄樹。その仕事ぶりは、想像以上に繊細である。

 プロ野球選手の場合、1人に要する治療時間は約2時間。岩田は「1日3人が限界」と言う。それだけ1人1人に対して、心身ともに全力で治療を行なうからだ。トレーナーとして歩み始めて14年。今や7人の弟子をもつ岩田だが、「こんなに長く続けることになるとは思ってもみなかった」という。

 実は、辞めようと思っていた矢先、岩田はひとりの高校球児と出会った。彼から言われたひと言が、岩田の心を突き動かしたのである――。

 岩田はいわゆる“野球少年”だった。「野球しかしてこなかった」と語るほど、野球に情熱を注いでいた。高校時代はキャッチャーとして活躍し、3年時にはチームは県内無敵とばかりに、下馬評では甲子園が確実視されていた。ところが、夏の大会を前に岩田はヒジを痛めてしまう。その時、視察に来ていた広島カープのスカウトに同伴していたトレーナーにヒジをマッサージしてもらった。すると、痛みはほとんど消え、無事に岩田は夏の大会でスタメンマスクをかぶった。

 結局、甲子園出場はならなかったが、岩田は高校卒業後も社会人チームで野球を続けた。しかし、再びヒジに痛みが生じ、2年で引退。会社も退職した岩田はその後、何をするでもなく、毎日を過ごしていた。それまで野球一筋だった岩田は、何をしていいのかまったくわからなかったのだ。

 そんなある日、高校時代のチームメイトで、東京の大学に通う同級生から連絡が来た。岩田が高校3年時にヒジを治療してもらったトレーナーに偶然会い、岩田のことを気にしていたのだという。そして「何もしていないなら、弟子にならないか」という誘いがあったというのだ。岩田は「まぁ、やることもないし、とりあえずやってみようか」という軽い気持ちで、その誘いを受けることにした。この時、岩田は21歳。これが岩田の運命を変えることになるとは、想像すらしていなかった。