[MLB]
杉浦大介「“ジーター以降”のヤンキース、4つの見どころ」

 2015年も球春到来――。フロリダ、アリゾナで春季キャンプが始まり、メジャーリーガーたちは開幕に向けて本格的な準備を開始した。2年連続でプレーオフ逸という屈辱を味わったヤンキースも、逆襲に向けて再スタートを切る。ただ、前評判は必ずしも芳しくない。チームの象徴だったデレク・ジーターも引退し、オフにも大掛かりな補強は行なわなかった。

 攻守ともに疑問点も多いチームは、かつての強さを取り戻せるか。プレーオフに返り咲くために必要なものはなにか。今回は4つの注目ポイントをピックアップし、ブロンクス・ボンバーズの見どころを掘り下げていきたい。

A・ロッドを巡る冒険

A・ロッドの行くところすべてに人が集まる。歴史的ヒールの行方に視線が注がれる。Photo By Gemini Keez

 禁止薬物使用で出場停止処分を受けたアレックス・ロドリゲスが、1年のブランクを経て復帰してくる。このA・ロッドがどんなシーズンを過ごすかは、ヤンキースにとって、いやMLB全体でも2015年最大級の見どころだと言ってよい。

 ヤンキースは今オフにチェイス・ヘッドリー三塁手と4年間の延長契約を結び、DH候補としてもギャレット・ジョーンズを獲得した。A・ロッド抜きを想定したチームづくりを進めた感があり、出番は主に左投手相手のDHに限られそうだ。

 ただ、たとえそんな状況でも、ニュース価値の高さは変わらない。2月中にはチーム首脳陣と和解会談の場を設けたこと、本人が謝罪レターをリリースしたことが大きな話題になり、『ESPNマガジン』もA・ロッドを表紙に起用した。目玉選手不在のチーム内で、開幕後もダントツの注目選手であり続けるはずだ。

 長いブランク明け、しかも39歳で迎える今季にどの程度の成績を残し、ヤンキースは彼をどう扱うのか。ファンは歓声を送るのか、あるいはブーイングか。あと6本に迫ったウィリー・メイズの660本塁打に本拠地で並んでしまった場合、チームはどのような形で祝福するのか。ほとんど働けなかった場合、残り3年の6100万ドル契約を飲んででもバイアウトに動くのか。

 一挙一動がニュースになる風雲児に対する興味は尽きない。今季を通じて、どんなストーリーが展開されるのかを想像するのは不可能に違いのが実情である。