雑誌
喜んでいると痛い目に この原油安も、とても気持ち悪い
全国民必読 日本経済「異変とこれから」【第3部】
原油安に苦しむロシアの油田〔PHOTO〕gettyimages

「逆オイルショック」再来

いま、世界経済を語る上で最も熱いトピック「原油安」は、日本経済にとって吉か凶か—永濱利廣氏と徳田秀信氏が激論を交わす。

永濱 原油価格(WTI)は昨年6月に1バレル107ドルをつけましたが、今年1月には45ドルにまで急落しました。原油安は、日本や欧米、中国やインドなどのアジア諸国にとっては、プラス要因です。世界のGDPの4分の3はエネルギー輸入国が稼ぎ出しているので、世界経済全体にとっても原油価格の下落は好材料になるのです。

徳田 ただし、ここまで急激に原油価格が下がると、産油国が受けるダメージはとても大きい。基本的に原油安は日本経済にとってプラス要因だと思いますが、過度の油価下落は世界経済を混乱させるリスク要因にもなるので注視する必要があるでしょう。

永濱 しかし、現段階ではそこまでリスクが拡大しているとは言えません。

わかりやすいプラス材料として、日本が貿易することによって起こる所得の海外流出の減少があります。1バレルが100ドルから60~70ドルに下がると流出は10兆円ほど抑えられる。家計だけの影響で見ても、消費税率1%を引き下げるのと同じくらいの効果があるのです。

原油が安くなると、まずガソリン、軽油、灯油の価格が下がり、次に電気やガス料金が下がる。やがて魚や野菜の値段も下がってくる。仮に輸送コストが価格下落に結びつかなくても、企業のコスト削減、ひいては従業員の給与増になるでしょう。

徳田 たしかに、国内だけ見ればいいことづくめのようにも思えます。でも喜んでばかりはいられません。海外での資源開発に力を入れてきた商社や国際石油開発帝石といったエネルギー開発会社は目に見えて業績が悪化している。出光興産も2月3日の決算発表で、'06年の上場以来初の営業赤字(1200億円)になることを発表しました。