雑誌
いつまでも続くわけがない 不気味なこの「円安」、実はプロもみなビビッている
全国民必読 日本経済「異変とこれから」【第2部】
昨年末には7年ぶりの120円台を記録〔PHOTO〕gettyimages

急に円高に振れるかも…

異常事態とも言える円安進行の先には、落とし穴が—。為替のプロ、小口幸伸氏と山田勉氏が徹底討論。

小口 昨年12月には一時的に1ドル=120円台を突破し、現在でも117~118円台で推移している円相場ですが、この状況はあくまでもイレギュラーで、いつまでも続くとは思えません。円安基調が一転して、円高に転じる可能性は十分あるでしょう。

山田 そうですね。個人的には、日本経済にとっては、このまま円安がなだらかに進んでいくことが望ましいと考えています。円安基調のほうが、グローバル輸出企業の業績も拡大する。今、パナソニックや東芝、日産などの大手企業では、国内生産回帰の動きが出てきています。持続的な円安が進行するからこそ、日本企業は安心して帰ってこられる。そのシナリオが崩れると、日本企業は壊滅的な状況に追い込まれかねません。

小口 円安社会が良いか悪いかと言えば、私は行き過ぎた円安は、日本にとって良くないと考えています。たとえば円相場が130円台まで上がっても、中小企業の賃金が上がる可能性は低いですから。

そうなると、低所得の人の可処分所得は、どんどん減ってしまう。円が120円を超えようとしたとき、麻生太郎財務大臣も「さすがにちょっと行き過ぎた」とこぼしましたが、本音でしょう。

山田 いずれにせよ、このまま円安が進むかといえば、そうは問屋が卸さない。

小口 ひとことで表現するならば、今、円相場は、決定的な影響を及ぼす外的な要因に取り囲まれている状況です。

山田 小口さんは円高に振れる懸念材料として、何が挙げられると考えますか。

小口 最大の不安要素は、今年6月に予定されていたアメリカの利上げ時期がずれ込むのではないかということです。