日本に対外インテリジェンス機関を設け、テロ対策を行うことは非現実的。その理由を指摘した警察官僚、松本光弘氏の本『グローバル・ジハード』

佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」Vol.054 読書ノートより
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら