20年東京五輪に向け賓客の「おもてなし」施設整備[東京]
浜離宮に明治の「延遼館」を復元

現在の延遼館跡付近=1月18日
浜離宮にあった延遼館=1887年撮影

「日本の伝統文化を伝える『和のおもてなし』ができる」。2020年東京五輪・パラリンピックに向け、東京都の舛添要一知事は年明け最初の定例記者会見で、浜離宮恩賜庭園(中央区)にあった迎賓施設「延遼館」を復元させる方針を明らかにした。昨年2月の知事就任間もない時期から意欲を示していた構想で、15年度一般会計予算案に調査・設計費約1億円を計上。実現に向けて大きく動き出した。ただ、延遼館は「洋風建築」とも評され、知事自身、一時は復元に慎重な発言をしていたこともある。明治時代に海外からの要人を迎えた施設は、五輪までにどんな姿を見せるのだろう。

「浜離宮の中に造るというだけで、日本文化を発信するという目的は、8、9割はかなったような気がする」。会見で舛添知事はこう胸を張った。建設費は概算で30億~40億円と見込み、昨年12月に住友不動産が旧都知事公館を43億6800万円で落札したことから、これを財源に建設費は賄えるという。知事は「おもてなしする時に公的な都の施設へ迎えるのは、公式な賓客として迎えることになる。民間を使ったとなると、相手からすると少し格が下がったことになる」と述べ、「自前」の施設に強いこだわりを見せる。

一方で、建設資材の高騰などを背景に、五輪の競技施設の整備費が当初見込み額を大幅に上回る見通しとなったことから、既存施設の活用などで経費削減の方針を打ち出した経緯があるだけに、コストパフォーマンスも強く意識したようだ。

浜離宮は、京都市の金閣、銀閣と同じく国の特別名勝・特別史跡に二重指定された貴重な都立庭園だ。高層ビルが建ち並ぶ都心部にありながら水と緑に恵まれ、五輪の競技会場や選手村が集まる東京湾の臨海エリアから水上バスで行くこともでき、ロケーションとして申し分ないと言える。江戸時代、徳川将軍家の鷹狩り場だった場所に屋敷が建てられ、十一代将軍・家斉(1773~1841)の時にほぼ現在の形になったとされる。明治維新後、宮内省(当時)所管となり、戦後に都に移管され、1946年から一般に開放されている。