[サッカー]
田崎健太「中田英寿に感じた劣等感」

~中村武彦vol.3~
中村が実際に購入したDCユナイテッド対カンザスシティ戦のチケット。写真提供=中村武彦

 中村武彦は、NEC現地法人立ち上げの研修でアメリカの首都ワシントンDCに滞在していた。
 ある日、昼休みに何か食べようとオフィスから出た。すると、ジャージを着た男たちが食事をしているのが目に入った。聞こえてくる話から判断すると、サッカーチームの関係者のようだった。さらに会話を聞くと、DCユナイテッドというメジャーリーグサッカー(MLS)の選手たちだと分かった。

 転職はキャリアアップという発想

 MLSはアメリカW杯の2年後、1996年に発足した。DCユナイテッドは、発足当時からの加入クラブで、ワシントンDCを本拠地としていた。オフィスに戻って調べると、週末にロバート・F・ケネディ・メモリアル・スタジアム(RFKスタジアム)で試合があることが分かった。これはいい機会だと思った中村はチケットを手配して見に行くことにした。

 RFKスタジアムは、野球のワシントン・セネタースやアメリカンフットボールのワシントン・レッドスキンズも使用していた市営の多目的スタジアムである。観客は2万人ほど入っていただろうか。DCユナイテッドには、ボリビア代表だったマルコ・エチェベリ、16歳でプロ契約を結んだことで話題となっていたボビー・コンヴェイなどがいた。試合を見ながら、中村は懐かしい、落ち着いた気持ちになっていた。

 自分はサッカーにずいぶん助けられてきていた。米国でも日本でもサッカーをきっかけに多くの友人が出来た。自分がサッカーを始めた米国にプロリーグがあるというのは感慨深かったのだ。

 もし、ここで働くことが出来たら、と中村は思った。
(海外で働くこと、サッカーを仕事にすること、自分の希望はすべて叶うな)
 しかし、それが現実になるとは思えなかった。
 仕事として国外に行くと、旅行とは違った質の出会い、刺激があるものだ。NECの現地関係者と食事をしながら、雑談をしていると、多くの人間が転職を繰り返していることに中村は気がついた。

 1人の社員は、NECで働く前は船乗りをしていたという。この頃、まだ日本では大手企業に入社した場合は、退職まで居続けるという終身雇用が一般的だった。船乗りから電機メーカーへの転職はあり得ない。

 転職はマイナスではなく、キャリアアップになるのだという発想が新鮮だった。中村はNECに入社したのだから、退職までここで働かなければならないと思い込み、窮屈になっていたような気になった。