[BCリーグ]
富山・吉岡雄二監督「見えた成長、残された課題」

 監督就任1年目の2014年シーズンは、プレーオフでは勝つことができませんでしたが、多くの選手が成長し、そして球団としては6年ぶりとなる「優勝」という2文字を、前期に達成することができたことは、とても大きかったと思っています。とはいえ、課題がたくさん出てきたことも事実です。今季はそれを踏まえて、さらなる躍進を目指していきます。

 最も大きな課題として、夏場に浮上したのはスタミナでした。前期は劇的な逆転で優勝し、後期も3連勝と好スタートを切りました。ところが、8月に入ると徐々に失速し始めたのです。失速の原因が体力にあったことは明らかでした。というのも、特に野手の動きが鈍くなり、打撃でもバットが振れなくなっていたのです。外から見ていても、体に力が入らず、力強く振り切ることができていませんでした。そういう状態の選手が1人や2人であれば、元気のある選手でカバーすることもできたでしょう。しかし、ほとんどの選手に体力不足が露呈し、カバーしきれなかったのです。投手陣も含めて、シーズンを通して戦いきることができる体力をつけて開幕を迎えることができるかが、今オフの最大のテーマです。

 一方、最後のプレーオフではチームの成長を感じとることもできました。夏場に失速し、結局後期は2位で終わりましたが、その後の石川ミリオンスターズとの地区チャンピオンズシップでは、本当にいい戦いをしてくれました。どの試合も緊迫した試合でしたが、第1、2戦を落とし、もう後がなくなった第3戦、9回表を終えた時点で3点をリードしていたのは石川でした。そしてその裏、石川は守護神の木田優夫さん(元北海道日本ハムGM補佐)がマウンドに上がりました。ベンチでもスタンドでも、石川の優勝を確信していた人は少なくなかったと思います。

 正直、富山ベンチも追い込まれていました。しかし、その雰囲気を変えてくれたのが野原祐也(大宮東高-国士舘大-富山-阪神)でした。先頭で打席に立った野原は、木田さんの初球をライトスタンドに運んだのです。この一発が反撃の糸口となりました。ヒット、エラー、四球で無死満塁とすると、生島大輔(今季より福島ホープス)がタイムリーを放って1点差とし、木田さんをマウンドから引きずりおろしたのです。そして1死後の四球押し出しで、同点に追いつきました。

 なおも1死満塁とサヨナラのチャンスをモノにすることはできませんでしたが、それでもその勢いは第4戦につながり、翌日は11-4と大勝。これで2勝2敗とタイに戻すことができたのです。最後の第5戦は、雨のために0-0のまま5回コールドに終わり、規定により優勝は石川となりました。しかし、最後にこれだけ盛り返すことができたのは、やはりチームに力があった証拠です。そういう意味でも、後期で露呈した体力不足は必ず克服しなければならない課題だと痛感しました。