[裏方NAVI]
岩田雄樹(トレーナー)<前編>「小川泰弘の強さは“精神”にあり」

「このピッチャーが、本当にすごいのかなぁ……」
 これが2005年から創価大学野球部の専属トレーナーを務める岩田雄樹が、小川泰弘(東京ヤクルト)に持った最初の印象だった。
「小川を知ったのは、彼が創価大学に入学してからのことです。周りから『今年入った1年の小川というピッチャー、なかなかいいですよ』という話は聞いていました。実際に会ったのは1年の冬だったかな。正直、体は小さいし、あまり話さないので、印象は薄いものでした。とてもプロで新人王を獲るような選手には見えなかった。その頃は正直、プロに行けるとも思っていなかったですね」
 しかしその印象は、すぐに覆された――。

身体をカバーし得る“考える素質”

 岩田にとって、自らが治療を施した最初のプロ野球選手は、八木智哉(現中日)だった。八木は運動神経抜群で、何をやらせても人並み以上にできる万能なタイプの選手だった。もちろん、ピッチャーとしてもずば抜けており、創価大時代は4年間で通算35勝をマーク。4年時の全日本大学野球選手権大会では49奪三振の大会新記録を樹立するなど、誰の目から見ても素質は一級品だった。

「ピッチャーは結構、肉付きがいいというか、脂肪の多い選手が少なくないんです。でも、八木は全身がバネみたいでした。筋肉がまんべんなくついていて、とてもいい身体をしていました。これがプロに行く身体なんだな、と思いましたね」
 06年、希望枠で北海道日本ハムに入団した八木は、その年、先発ローテーションに入り、12勝(8敗)をマーク。リーグ優勝、日本一に貢献し、パ・リーグ新人王にも輝いた。そんな八木と比べて、小川は体が小さく、初めてリーグ戦でのピッチングを見た時も、「こんなもんだろうな」としか思えなかった。

 だが、岩田の小川への印象は徐々に変化していった。そのきっかけとなったのが、09年の秋、明治神宮野球大会代表決定戦だった。当時エースだった大塚豊(北海道日本ハム)が右ヒジを痛め、その代役に1年の小川が抜擢されたのだ。相手は、菅野智之(巨人)を擁する東海大学。大方の予想では、エースを欠いた創価大より、大学屈指のエースが君臨する東海大の方に分があると見られていた。ところが、勝利を収めたのは創価大だった。小川が東海大打線を5安打無失点で完封勝ちしたのである。その後、小川は主戦としてチームの柱となっていった。

「小川は体は小さいですが、そのことを自分で認識して、『この小さい体でどうしなければいけないのか』ということを、しっかりと考えているんです。小さいなりに体を大きく使って投げるダイナミックなフォームにしたり、あるいはふだんの練習も『体が小さいからこそ、他の人よりもやらなくちゃいけない』と、誰よりも努力をしてきた。もともとの素質というよりも、小川の場合は賢さとメンタルの強さが、彼のピッチングを成長させたのだと思います」

 岩田は、小川を見ていると、いつも決まってある言葉を思い出す。
「精神が肉体を引っ張る」
 岩田がまだトレーナーになりたての頃、当時お世話になっていた整体師が口にした言葉だという。
「その時は、『また、何か言ってる』くらいにしか思っていなかったのですが、小川を見ていると『あぁ、なるほどな』と。スポーツだけに限った話ではありませんが、結局、ものごとをどう感じて、どう考え、そしてどういう思いでやるかということなんですよね。それがあってこそ、もともとの素材がいかされる。小川には、小さな身体をカバーし得るだけの考える素質があるからこそ、プロでこれだけ活躍しているのだと思います。年齢は僕よりも下ですが、小川からは学ぶことが本当に多いんです」

“考える素質”はこんなところにも表れている。小川は岩田の治療を受ける前に必ず自分で入念にストレッチをしてくるのだという。それは、少しでも身体をいい状態にするための彼なりの工夫にほかならない。
「ストレッチをしてきたからといって、それほど治療効果は変わらないかもしれません。でも、小川のように自分でできる最大限のことをやろうとすることが、ケガの予防につながるんです」
 こうした強いプロ意識が、小川の強靭な身体の源となっていることは間違いない。