【沿線革命019】  
乱立する羽田空港への新しいアクセス鉄道構想一覧

阿部等(交通コンサルタント)
羽田空港への鉄道アクセスには、改善や新規の構想が乱立している(日本空港ビルディングHPより)
空から見た羽田空港。上が都心方面 photo Getty Images

羽田空港へのアクセス鉄道構想が多数あるものの、好ましい形で2020年に間に合いそうなものは1つもなく、交通整理が望まれる。

羽田空港の役割増大と鉄道アクセス充実への期待

羽田空港(東京国際空港)は、1931(昭和6)年の開港以来、日本の空の玄関口となり、1964(昭和39)年10月の東京五輪でも大きな役割を果たした。

1978(昭和53)年5月に成田空港(新東京国際空港)が開港するとともに、原則として国際線は成田、羽田は国内線専用となった。

しかし、成田は反対運動により滑走路の延伸・増設もままならず、東京都心とのアクセスも不十分で、羽田の再国際化が求められた。そして、羽田は沖合展開・滑走路増設・ターミナル拡大等が進められ、2010(平成22)年10月に再国際化された。

グローバル化の進展とともに日本人の海外渡航は増える一方である。訪日外国人旅行者数は2014(平成26)年には1,341万人を記録し、政府は2020年までに2,000万人に達することを目指している。また、第5滑走路の建設その他の空港機能を向上させる計画や構想が目白押しである。

つまり、羽田空港は需要と供給の両面から利用は増える一方である。そして、2020年の東京五輪もあり、鉄道アクセス充実への期待が高まっている。

よほど海外や遠方への出張が多い人以外は羽田空港へ年中行くことはないが、「羽田空港へ直結!」となると先進的な街のイメージとなる。また、実際に海外や遠方へ行く際に便利なのは助かり、羽田空港へのアクセス改善は「住みたい街」を生み出す。