[野球]
上田哲之「決断と注目のとき――黒田とイチロー、大谷と岡本……」

再び黒田博樹の生き方について

 前回、黒田博樹(広島)には文書ではなく、会見の形で広島復帰を語ってほしかった、と書いた。なぜなら、そうすれば、記憶に残る名言が聞けるに違いないから、と。あの時点で発表されていた文書の形では、黒田が一人で考え抜いた、いわば思考の現場とでもいうべきものが感じとれないではないか。と思っていたら、やってくれました。1月15日(現地時間)、自主トレを行っている米ロサンゼルス近郊で自ら口を開いた。果たして、それは名言というにふさわしい内容だった。

 実は報じたメディアによって細部の表現に若干の異同があるのだが、ここは各紙を“校合”して、再現してみたい(ちなみに読み合わせたのは、日刊スポーツ、スポーツニッポン、デイリースポーツ、朝日新聞)。
<(メジャーへの)未練がないと言えばウソになるし、それだけの覚悟を持ってアメリカに乗り込んできた>
<今年2月で40歳になりますし、あと何年野球ができるかわからない。それを考えたときに、カープで野球をすることのほうが、一球の重みを感じられるんじゃないかと判断しました>

 極めつきは、ここからである。
<当然、アメリカで投げることにも重みがある。ただ、僕に残された球数は、そんなに残ってないと思う。気持ちを含めて、そっちのほう(広島)が充実感があるんじゃないかと判断しました>
 何度読んでも、いいですね。「僕に残された球数はそんなに残ってない」――名言と言うべきでしょう。

 なぜならば、人が人生の決断を迫られる局面を迎えた時、この考え方には、ある種の普遍性が宿っているからだ。いや、10代や20代ならば、そういう発想は必要ないかもしれない。しかし、中年以上の人が何らかの決断を迫られた場面を考えてみればよい。もちろん、見る前に跳べ、とばかりに決断することもあるだろう。しかし、人はどうしてもその時点で自分に分配されている将来というものを量らねばならないはずだ。

 そんな時、きっと、この言葉は心に響く。「自分に残された球数(=現役として社会で活動できる時間、能力)は、あとどれくらいあるか」と自ら推し量り、判断材料にすること。それはとりもなおさず、ひとりの人として生き方を模索するうえでの、有力な道筋の呈示といえる。銘記しておきたい言葉である。