[ボクシング]
杉浦大介「ヘビー級人気復興の鍵を握るクリチコ、ワイルダー」

クリチコ、7年ぶりのニューヨーク決戦

いつも冷静なクリチコだが、ジェニングス戦での会見時は極めて饒舌だった。Photo By Kotaro Ohashi

 2月4日、マディソン・スクウェア・ガーデン(MSG)で次期防衛戦の発表会見に臨んだWBA、IBF、WBO世界ヘビー級王者ウラディミール・クリチコ(ウクライナ)は、周囲の誰もが驚くほどに上機嫌だった。壇上では常に笑顔を浮かべ、ついにはフランク・シナトラの有名曲「ニューヨーク・ニューヨーク」の歌詞まで口をついて出たほど。
「“ニューヨークでやれるなら、どこでもやっていける”。この場所で再び戦うことができてとても幸せだ」

 4月25日にMSGで行なわれるブライアント・ジェニングス(アメリカ)との防衛戦は、38歳の王者にとって久々のアメリカでの試合になる。過去の米リング登場時には、慎重過ぎる戦いぶりが不評だった。特に2008年2月23日のスルタン・イブラギモフ(ロシア)との統一戦では大凡戦(判定勝ちで王者統一)をやらかし、MSGがしばらくボクシングビジネスに消極的になるという悲惨な事態にまでなっている。

 それから7年――。ヨーロッパでは大人気のクリチコは、割安のファイトマネーを受け入れてまでアメリカ再進出を熱望してきたと伝えられる。それほどこの舞台を待ち望んできたのだとすれば……会見当日の満面の笑顔も当然だったのかもしれない。

「今回の試合では皆さんを楽しませてみせる」
 そう語ったクリチコにとって、ジェニングス戦は勝敗的にはまずは問題ないカードだろう。デヴュー以来19連勝(10KO)を続けてきた30歳の挑戦者は悪い選手ではないが、王者を攻略するにはサイズ、目立った武器に欠ける。地力に勝るクリチコは序盤から距離を掌握し、ペースを掴むはずだ。

ハートの強さで知られるジェニングス(右)だが、クリチコ相手では絶対不利は否めない。Photo By Kotaro Ohashi

 問題は、本人の言葉通り、ファンを喜ばせることができるかどうか。MSGでの久しぶりのヘビー級タイトル戦とあって、大アリーナには1万人以上の大観衆が集まるはず。前回の米国進出時と一線を画し、せっかちなニューヨーカーをエキサイトさせることが今回の課題となる。