[格闘技]
近藤隆夫「石井慧のプロレス転向はあるのか?」

総合格闘技とプロレスの間で揺れる王座

 昨年の大晦日、石井慧に2ラウンドKO完勝、IGF(イノキ・ゲノム・フェデレーション)王座初防衛を果たしたミルコ・クロコップ(クロアチア)が、UFCに戦場を移すことを決めたようだ。すでにミルコとUFCの契約は成立している。これにより、ミルコはIGF王座を返上することが濃厚となった。

 1月23日に開かれた記者会見でIGFの宇田川強エクゼクティブディレクターは次のように話している。
「今後、ミルコサイドと話を進めて(IGF)タイトル返上となれば、4月(11日、両国国技館)と8月(29日、両国国技館)に王座決定トーナメントを開催したいと思います。東南アジア、米国、ロシアなど世界各国から選手を16選手を揃えて開催できればと考えています」

 詳細は未定だが、気になるのは、このトーナメントがリアルファイト(総合格闘技)として開かれるのか、それともプロレスとしてのものなのかという点である。

 そもそもIGF王座は、UFCや、かつてのPRIDEのようなリアルファイトのタイトルではなかった。NWA世界ヘビー級王座、AWA世界ヘビー級王座、またはIWGPヘビー級王座などと同様にプロレスのタイトルだったのである。

 このタイトルが誕生したのは2011年8月のこと。この月の27日に両国国技館で開かれた『INOKI GENOME ~Super Stars Festival 2011~』で初代王座決定戦、ジョシュ・バーネット(米国)vs.ジェロム・レ・バンナ(フランス)が行われるはずだったが、バーネットが欠場。これにより、不戦勝でジェロムが初代王者となった。

 以降、リアルファイトではなく、あらかじめ勝敗を決めて行われるプロレスのスタイルでジェロムが5度、王座を防衛。翌12年7月に藤田和之にベルトは引き継がれている。

 だが、13年の大晦日に異変が起こる。
 この日に両国国技館で行われた大会のメインエベントで、王者・藤田と挑戦者・石井の一戦が組まれた。プロレスではなく、総合格闘技ルールでの闘い。結果は石井の判定勝ち。この時から、IGF王座はプロレスではなく、総合格闘技のタイトルとなったのだ。