[アイランドリーグ]
香川・伊藤秀範コーチ「ドラ1・松本はアイランドリーグの菅野!?」

ドラ3・原田は“第2の又吉”に

 2月2日から、開幕に向けた合同トレーニングがスタートしました。この時期のテーマは体づくりと個々の技術向上。特に新人選手は覚えることが山積みでしょうが、いいところを伸ばしてチームの戦力になってほしいと期待しています。

 現時点でピッチャーでは3名の入団が決定しています。トライアウトを経てドラフト1位で指名した松本直晃(東海大付翔洋高-環太平洋大-医療法人養和会(軟式))は、1年でのNPB行きも狙える有望株です。彼はNPBで活躍している選手に例えるなら、巨人の菅野智之。右のオーソドックススタイルでコントロールがよく、変化球を低めに決められます。

 実は、この松本は環太平洋大時代、元香川の又吉克樹(中日)と同期でした。大学時代は又吉がいたため、ピッチャーからショートに転向したそうです。大学卒業後、再びピッチャーに戻って、軟式野球のチームでプレーしていました。硬式ボールでのピッチングは慣れない中で、ストレートの球速はMAX147キロを記録しました。フォームもきれいでセンスがあります。フィジカルを強くすれば、150キロ超えも可能でしょう。

 又吉に刺激を受けたのか、「NPBに行きたい」との意欲が強く、こちらのアドバイスをすぐ実践し、分からないところはすぐに質問をしてきます。この調子で故障なく伸びてくれれば、チームの柱になるかもしれません。

 ドラフト3位で指名した原田宥希(大体大波商高-滋賀・高島ベースボールクラブ)は、サイドスローの右腕です。こちらは、まさに又吉に似たタイプ。180センチ、70キロと線は細いものの、下半身にバネがあり、肩や背中の筋肉はいいものを持っています。ストレートはMAX145キロ。関西でのトライアウトを受験し、キャッチボールの時から目立っていました。

 ただ、現時点で又吉と比較するのは酷かもしれませんが、まだ体の使い方はギクシャクしており、下半身のバネをうまく使えていません。下半身が一度沈み込み、そこから浮き上がるような投げ方を体得できれば、第2の又吉になることも夢ではありません。オープン戦から彼には登板機会を与えて経験を積ませる考えです。

 また練習生で採用した山田恭大(上宮高-名古屋商科大-エディオン愛工大OB BRITZ)は昨季、在籍していた山田恭平の弟です。コントロールが良く、伸びしろがあると判断しました。ともにトレーニングをする過程で、ウリとなるものを見つけてくれれば、シーズン中の選手登録がみえてきます。