サッカー
[サッカー]
大野俊三「アギーレジャパンの課題は攻撃面だけにあらず」

 みなさんご存知のように、日本代表はアジアカップで準々決勝敗退となりました。せめてベスト4までは勝ち進んでもらいたかったところですが……。日本の組織力、技術の高さが結果に結びつかなかったのは残念です。ただ、立ち止まる時間はありません。6月には2018年ロシアW杯のアジア予選が始まります。選手・スタッフはアジア杯で見えた課題の分析・改善を急ぐ必要があります。

柴崎が見せたシンプル・イズ・ベスト

 今大会で感じたのは、日本のサッカーが対戦相手によく研究されていたということです。今大会のメンバーはザックジャパン時代から選出されている選手が大半でした。ハビエル・アギーレ監督が、効果的な働きを計算できる選手を選んだ結果だと思います。しかし、代表経験が豊富な選手が多ければ、それだけ相手に与える情報も多くなります。たとえば準々決勝のUAE戦では、相手に引いて守られることで、FW岡崎慎司の真骨頂である裏への抜け出しを封じられていました。ではポストプレーに徹すればよかったかといえば、岡崎はポストプレーが得意な選手ではありません。そういった岡崎のプレースタイルがUAEにしっかりと把握されていたように映ります。岡崎の飛び出しを制限された時点で、日本は攻撃の術をひとつ消されていたのです。

 最前線の岡崎を封じられたことで、1.5列目や2列目のエリアを使った攻撃もあまり機能していませんでした。ポストプレーが得意な選手を早めに投入していれば、1本の縦パスを、左右に落としてシュートまで持ち込むこともできたはずです。まあ、UAE戦ではシュートを35本も打って1ゴールでしたから、決定力不足という要因もあります。しかし、裏のスペースを消された時の対策をチーム全体で増やしていくことが必要でしょう。

 UAE戦で最も効果的だった攻撃は、MF柴崎岳のゴールシーンです。柴崎の縦パスを入れるタイミング、走り込んだ角度、FW本田圭佑の落とし、シュートコースと全てがうまく噛みあいました。

 あの場面のように、シンプルに速くゴール前を脅かすことはとても重要です。というのも、DFはボールを奪いにいけないからです。DFの本能として縦パスを受けた選手の落としたボールを狙いたい。しかし、奪いに行けば、マークしていた選手に裏へ抜け出されます。その予測があるので、DFは動くに動けないのです。そうなると落とされたボールには周囲の選手をプレスにいかせるしかないのですが、タイムラグが生じて結局は攻め手に時間とスペースを与えてしまいます。

 日本としては柴崎のゴールが生まれた時のような攻撃を、よりスムーズに仕掛けられるようになってほしいですね。