[BCリーグ]
新潟・赤堀元之監督「最後まで諦めない、をモットーに」

 はじめまして。今季より、新潟アルビレックスBCの監督を務めます、赤堀元之です。私が藤橋公一社長から打診をいただいたのは、昨年11月末のことでした。はじめは驚きましたが、素直に嬉しいと思いました。BCリーグとの縁は、オリックスのコーチ時代にありました。オリックスのピッチャーがレンタル移籍というかたちで、福井ミラクルエレファンツに派遣されていたのです。彼らを観るために試合を視察したこともあったのですが、そこにはNPBを目指して、懸命にプレーしている姿がありました。今回、そのような現場に監督として迎えていただき、とても光栄に思っています。

 監督として私が第一に選手たちに求めたいのは、野球の技術ではありません。まずは規律を守り、挨拶をきちんとすることです。実は、オリックスの森脇浩司監督が、非常に規律に厳しい方なのです。しかし、だからこそオリックスはあれだけ強くなったのだとも言えます。私も選手には野球うんぬんの前に、社会人として当たり前のことを、きちんとやれる人間であってほしいと思っています。

 そしてグラウンドでは、最後まで諦めない姿勢など、気持ちを見せてほしいと思っています。野球は最後まで何が起きるかわからないスポーツです。私が現役時代、そのことを最も感じたのは1994年の西武(現埼玉西武)との開幕戦で浴びたサヨナラホームランでした。この試合、先発をした野茂英雄さんが8回までノーヒットノーランのピッチングをしていました。最終回は先頭打者にヒットを打たれたものの、3点をリードしていましたし、私は当然そのまま最後まで野茂さんでいくと思い込んでいました。ところが、1死満塁となった場面で、スイッチを告げられたのです。

 もちろん、マウンドに上がるからにはしっかり抑えようと思っていました。しかし、正直準備ができていませんでした。結果は伊東勤さん(現千葉ロッテ監督)に逆転サヨナラホームランを打たれたのです。今思うと、気持ちにちょっとした隙間があったからではないかと思います。1球の大事さを痛感し、気持ちの面がいかに重要かを思い知らされた一発でした。