第110回 藤山愛一郎(その一)選挙に有利な名前をつけられて---多くの人に愛された稀有な実業家

東京都港区白金台に建つ、シェラトン都ホテル東京は敷地が広く緑の多い、都会のオアシスといった存在だ。

かつてこの土地に、藤山愛一郎の、五千坪を超える邸宅があったことを知る人はどれくらいいるのだろう。

そもそも藤山愛一郎という人物を記憶している人はどれくらいいるだろうか。
藤山愛一郎は大正期から昭和期の実業家、政治家である。
明治30年5月22日、王子製紙の社宅で産声をあげた。
父は、当時王子製紙専務取締役であった藤山雷太。
この父親が名前の通り、とんでもなくエネルギッシュな人物なのであった。

文久三(1863)年、佐賀県伊万里の庄屋「伊吹家」の三男として生まれ、慶應義塾で福沢諭吉の教えを受けた。
やがて大隈重信、鳩山和夫とも知遇を得、三井財閥の大番頭である中上川彦次郎の妻の妹と結婚して姻戚関係を結んだ。

こうした縁をきっかけに、藤山コンツェルンの基礎となる企業群をつくり上げる。
そうした雷太の、「これからは選挙の世の中だから、同じ発音でいろいろな字をかけるような名前は駄目だ」という配慮から、長男の名前は「愛一郎」と決まった。

この名前は彼の人生を象徴している。
『愛一郎物語』(政経社、昭和31年)の著者、小竹即一は、著書の冒頭でこう述べている。

「ある経済雑誌で、尊敬する人物のアンケートを財界人の間で求めたことがあつた。ところが、藤山愛一郎は二位三位を断然ひきはなし、トップを占めて、まつたく独走という形であつた。

明治から現在にかけて、彼以上の富を持ち、彼以上に勢力をふるつた実業家は多いが、彼のようにあらゆる方面から好評をもつて迎えられ、しかもそれが一時的なものでない人物はめずらしい」

愛一郎はまさしく、多くの人に愛される人物であった。それは、生まれながらにして富に恵まれ、他人と争うことなく、藤山コンツェルンの後継者になることが約束されていた環境に拠るところが大きいといえよう。

学習院の前身である華族女学校が赤坂見附の近所にあり、姉がその学校に通っていたことから、愛一郎は、その附属幼稚園に入った。

毎日、姉について王子から上野まで汽車に乗り、上野から人力車で通ったという。
その後、慶應幼稚舎に進んだが、府立一中の入学試験を受けた。
当時は、官学崇拝の風潮が著しく、一中、一高、帝大のコースが、学生の理想だったのだ。ところが、試験に落第してしまった。

「サラリーマンの苦労を知るより社長の苦労を経験しろ」

この落第もご愛嬌であろう。
もしも、官学コースを進んでいたら、みなから愛される愛一郎とは別の人格が形成されていたかもしれない。
愛一郎は、やむなく慶應の普通部に進学したが、普通部に入ってみると、そこは実に自由な環境で、興隆の気みなぎる、当時の社会思潮が学内になだれ込んでくるようだった。