前任期2年間で「三ツ星」を獲得した全24国会議員の名前

前任期最後の187臨時国会は、自民、公明に加え民主も「三ツ星議員」がゼロ

いよいよ、総選挙後初の通常国会が始まった。

NPO法人 万年野党では、2013年1月から6月の第182・183国会から国会ごとに国会議員の国会での活動データをまとめ、『国会議員三ツ星データブック』を発行してきた。

前回の第46回衆議院総選挙が行われたのが2012年12月であり、今回2014年12月に行われた第47回衆議院総選挙が行われるまで、衆議院の任期中のデータが国会ごとにまとまった事になる。

こうして積み重ねてきた三ツ星国会議員のデータを見ていく事で、今国会についても考えるきっかけにしてもらえればと思う。

下の図は、政党別三ツ星国会議員数の国会ごとの推移である。

NPO法人 万年野党では、昨年末の解散まで行っていた187国会版の『国会議員三ツ星データブック』を発行する。

187国会版では、三ツ星議員がこれまでの4回で最も少なく衆参合わせてたったの6人となってしまった。

政党別に見ると最も多かったのが生活の2人(33.3%)、次いで維新、みんな、次世代、社民の1人(16.7%)となっている。特徴の一つは、これまで大きく占めていた最大野党の民主からはじめて一人も入らなかった事などが挙げられる。

三ツ星議員数の政党割合は、毎国会ごとに大きく異なるというのも面白い。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら