[プロ野球]
佐野慈紀「期待膨らむ高卒ルーキー高橋&安楽」

 年明けから新人合同自主トレーニングが始まっていますね。新人選手たちの初々しい姿が印象的です。さて、今季も注目の選手たちがたくさんプロ入りします。彼らがどんな活躍をし、そしてどんなプロ野球人生を歩むのか、とても楽しみです。選手自身も期待と不安とが入り混じった気持ちでいるのではないでしょうか。今回は、高卒ルーキーとして注目されている2人のピッチャー、埼玉西武1位指名の高橋光成(前橋育英高)と、東北楽天1位指名の安楽智大(済美高)について触れたいと思います。

高橋にプラスとなる西武の育成方針

 高橋は、高校2年生の夏に、エースとして全国制覇を成し遂げ、その名が全国に知れ渡りました。その時点で、既に高校生のピッチャーとして完成されているというふうに感じていました。体の使い方が非常にうまく、左足を上げてから腕を振ってボールをリリースするまでの体重移動がスムーズで、動きにも柔軟性がありました。フォームのバランスがいいからこそ、コントロールも安定していたのです。

 高橋の持ち味はというと、ストレートのキレと、変化球の精度の高さでしょう。特にストレートはベース付近でも球威が落ちません。スムーズに体重移動して、ボールに力が伝わっているからであり、しっかりと最後まで指にかかっている証拠です。

 高校野球というと、以前は球が速いピッチャーはほとんどが力だけで押すようなところが見受けられたものです。その結果、「大会屈指のピッチャー」と注目されたピッチャーが、早々に敗退することも少なくありませんでした。しかし、今では高校野球のレベルもだいぶ上がっています。全体的にはまだまだピッチングが幼く、単調なピッチャーも多いのですが、ひと昔前にはほどんどいなかった、力だけでなく、メリハリがしっかりとできている総合力のあるピッチャーが出てくるようになったのです。そのひとりが、高橋です。

 高橋のプロに入っての当面の課題は、強い身体をつくることです。やはり、はじめにしっかりと基礎体力をつけないと、プロで長く活躍することはできません。そういう意味では、彼はとてもいい球団に入ったように思います。西武は昔から若手をじっくりと育てることに長けている球団です。先日発表されましたが、今年もキャンプは新人選手全員を二軍スタートさせるようですね。ですから、高橋も決して周囲の影響からあせるということはないはずです。じっくりと身体をつくりながら、プロのすごさを体験し、1年後には大きく成長した姿を見せてほしいと思います。