[裏方NAVI]
加藤裕之(コナミスポーツクラブ体操競技部監督)<後編>「改善を重ねてきた指導方針」

 チームに日本代表クラスの選手を多く抱え、自らも日本代表コーチとして2008年北京、12年ロンドンと2大会連続で五輪に帯同した加藤裕之。彼が指導者としてのスタートを切ったのは、現役引退を表明した翌年、1993年のことだ。20年以上の指導者人生を振り返り、「若い頃とは指導の仕方は変わった」と語る加藤。果たして、指導方針はどう変化したのか。

 埼玉県にあるコナミスポーツクラブ体操競技部の体育館。中に入ると、内村航平をはじめ、所属選手たちがそれぞれのペースで練習に励んでいた。加藤はその様子をじっと見つめていた。時折、選手やコーチと話をする場面も見られたが、加藤からのアプローチはほとんど皆無に等しかった。その理由を訊くと、「以前は余計なところまで口を出していたんです」と意外な答えが返ってきた。

「特に現役を終えてすぐの頃というのは、まだ自分自身に感覚が残っていましたから、“自分だったら、こういうふうにやる”という考えを、積極的に選手に伝えようという姿勢で指導していたんです。自分の代わりにというわけではありませんが、自分自身に当てはめながら指導して、それを選手ができるようになる。そういうところで教える楽しさみたいなものを感じていたんです」

 しかし、そのうちにひとつの枠に固定された指導が、果たして本当にいいのか、という疑問が沸き起こってきたという。
「選手にもいろいろなタイプがいますから、自分の感覚だけで教えていては、上達しない選手もいるのでは、と思い始めたんです。実際、世界を見ても、いろいろなアプローチをしている。そういうところから“答えはひとつではないな”と」

 そして、もうひとつ、加藤が自ら口出しをしない理由がある。それは選手の意欲を削がないためだ。
「指導者は見ていると、いろいろと言いたくなるものなんです。でも、選手の立場にしたら、それが返ってマイナスになることもあると思うんです。例えば、子どもが自分から勉強しようかなと思っていたところに、親から『早くやりなさい』と言われると、『今やろうとしていたのに……』と、せっかく起きたやる気が失われてしまうことがありますよね。それと同じだと思うんです。大事なのは、選手自身で必要と感じてやろうとすること。指導者はそういう気持ちに向かっていけるように、陰ながらサポートすることが重要だと思います」