現代新書
福島第一原発事故 東日本壊滅の危機に最も近づいた「2号機爆発」の真相 第1回
ドキュメント 福島第一原発事故 東電技術者たちが語った「恐怖の瞬間」
NHKメルトダウン取材班が2013年に執筆した『メルトダウン 連鎖の真相』。事故を時系列に忠実にノンフィクションとして書き下ろしたもので、 作家の立花隆氏が「圧倒的に情報量が多い。内容的にも最良」(2013年7月11日号)と絶賛した。写真や図版も多数収録されており、事故の全体像がわかると専門家からも高く評価されている

福島第一原発事故からはや4年が経ち、事故に対する関心は薄くなり、人々の記憶の中で原発事故は風化しつつある。しかし、いまなお12万人が避難生活を余儀なくされており、事故原因の究明も遅々として進んでいない。2014年に公開された政府事故調・吉田調書によると、吉田昌郞・福島第一 原発所長は、東日本が壊滅するイメージを持って事故対応に当たったという。近藤駿介内閣府原子力委員長によるシミュレーションでは、最悪シナリオ時には、 東京都、埼玉県のほぼ全域や千葉市や横浜市までを含めた、原発から250㎞の範囲が「汚染地域」になると推定していた。東日本壊滅の危機は、SFではなく、現実に存在していたのである。

誤解を恐れずにいえば、最悪シナリオを回避できたのは「奇跡」であった。東京電力や政府の事故対応はことごとく失敗し、原子炉格納容器破損は不可避の状況だった。だが、原子炉格納容器の破損は最終的に回避された。なぜ危機を回避できたのか、いまもって分かっていない。事故対応に当たった東電技術者すら、彼らが行ったどのオペレーションが功を奏して事故を防げたかを把握できていない、という。

福島第一原発事故のような危機を二度と繰り返さないためにも、私たちは日本人は事故に真摯に向き合い、事故原因の究明を続けていく必要がある。4年前の今、私たち日本人がどのような危機に瀕していたのか? 吉田所長が「死を覚悟した」2号機の危機を克明に描いた、『メルトダウン連鎖の真相』(講談社)の 第7章を3回にわたって転載する。

4号機高線量の謎    3号機爆発まで2時間

福島第一原発に出されていた退避命令が解除されて1時間半が経った14日午前9時すぎ。5人の男がトラックに乗って4号機に向けて出発した。4号機の使用済み燃料を保管するプールの水温の上昇を抑えるためだった。燃料プールの温度は、通常30℃前後だ。それが、13日午前11時50分に78℃まで上昇し、14日午前4時8分には、84℃まで上がっていた。

4号機は、シュラウドと呼ばれる原子炉の中にある巨大な構造物の交換工事が行われていたため、原子炉からすべての燃料を取り出し、プールに入れていた。プールにおさめられていたのは、使用済み燃料が1331体、まだ使っていない新しい燃料が204体、あわせて1535体あった。その数は2号機や3号機の3倍近くに上った。使用済み燃料は、熱を帯びている。免震棟の技術班が解析した発熱量は、4号機の場合、226万ワットに上ると推定されていた。家庭で使われる炬燵は、およそ600ワット。換算すると、4号機の使用済み燃料は、炬燵3800台近くに上る発熱量を持っていた。熱を帯びた使用済み燃料の発熱によって、プールの水温は、じわじわと上がり、全電源喪失から60時間あまりの間に、およそ50℃も上昇していたのだ。

福島第一原発の最悪シナリオがもし起きていれば……近藤駿介内閣府原子力委員長が作成した「福島第一原子力発電所の不測事態シナリオの素描」で明らかになった、最悪シナリオ発生時における移住を迫られる地域。近藤委員長は、最悪時には、福島第一原発から半径170キロ圏内が、土壌中の放射性セシウムが1平方メートルあたり148万ベクレル以上というチェルノブイリ事故の強制移住基準に達すると試算した。同試算では、東京都、埼玉県のほぼ全域や千葉市や横浜市まで含めた、原発から半径250キロの範囲が、住民が移住を希望する場合には認めるべき汚染地域になると推定した CG:DAN杉本、カシミール3Dを用いて作製。高さは2倍に強調している

トラックの荷台には、発電機2台とポンプ2台が積まれていた。5人は、4号機の燃料プールと接している交換機器の貯蔵用のプールに満たされている水をポンプで汲み上げて、燃料プールに注ぐよう指示されていた。4号機の燃料プールは、幅12・2メートル、長さ9・9メートル、深さ11・8メートル。その中に、およそ1400トンの水が満たされていた。

NHKスペシャル『メルトダウン』シリーズでは、これまで5本の番組が放映され、文化庁芸術祭テレビ・ドキュメンタリー部門大賞を受賞するなど、内外で高く評価されてきた。2015年1月16日、約3年半にわたる同取材班の調査報道をまとめた『福島第一原発事故 7つの謎』が講談社現代新書より刊行された。事故の時系列の流れを追った同取材班による『メルトダウン 連鎖の真相』と併せ読むと、複雑な巨大事故の全体像がよく理解できる

この燃料プールの隣には、プールゲートと呼ばれる仕切り板に区切られて原子炉ウェルと呼ばれる円筒型のプールがあった。さらにその隣に機器貯蔵プールが接している。原子炉ウェルは、直径11メートル、深さ7・6メートル。機器貯蔵プールは、幅6メートル、長さ15・5メートル、深さ7・6メートルあった。通常は、水が入っていないこのスペースに、このときは、燃料プールとほぼ同じ1400トンもの水が満たされていた。定期検査中だったからである。原発は、定期検査の際、原子炉ウェルや機器貯蔵プールにも水が満たされる。その中に交換用の機器をおさめるためだ。

このことに目をつけた免震棟は、燃料プールから最も離れた機器貯蔵プールの水なら、水温が低いとみられるため、燃料を冷やすのに有効ではないかと考え、ポンプで汲み上げて、燃料プールに注ぐことを考えたのだ。しかし、仕切り板で区切られているとはいえ、燃料プールの水と接している水を冷却用に使うのは、まったくの対症療法である。苦肉の策といえたが、他に対策がなかったのだ。本格的に燃料プールを冷却するためには、原子炉の注水と同じように消防車を使って、海水を注入する必要があったが、原発にある消防車は1号機から3号機の原子炉を冷やすのに使われていたため、4号機プールの冷却用には残されていなかった。

SFPは燃料プール、DSピットとは機器貯蔵プールのこと。4号機の燃料プールは、定期検査のため、普段は空っぽの原子炉ウェルと機器貯蔵プールにも水が満たされており、通常の2倍近い貯水量があった。 東京電力報告書より

「仕方がない」4号機に向かう作業員の一人は、そう思っていた。4号機の燃料プールの水温が異常上昇しているとはいえ、原子炉が冷却できない1号機から3号機の危機に比べると、危機対応の優先順位は、一段低くならざるを得なかった。点検のため運転停止中の4号機原子炉には燃料はなく、メルトダウンの恐れがないのだ。車に積まれた発電機2台とポンプ2台を見つめながら「この機材が、今、免震棟が出すことができる最大限なのだ」と自分を納得させていた。

NHKスペシャル『メルトダウン取材班』が執筆した近刊『福島第一原発事故 7つの謎』(講談社現代新書)には、吉田所長が生前に遺したとされる「謎の言葉」をめぐるミステリー(第3章)、知られざる放射能大量放出の謎(第4章)など、スクープ情報が満載されている。

全面マスクをかぶり、防護服に身を包んだ5人は、4号機に到着すると、事前の計画どおりタービン建屋の入り口から原子炉建屋に通じる二重扉へと向かった。燃料プールは原子炉建屋最上階の5階にある。二重扉から原子炉建屋1階に入り、階段を上って5階へと進む予定だった。5人のポケット線量計は、8ミリシーベルトを超えるとまずアラームが鳴るようにセットされていた。その後は、4ミリシーベルトを超えるごとにアラームが鳴り、最大80ミリシーベルトまで計測できるよう設定されていた。作業は線量との闘いだったが、原子炉に燃料がない4号機は、メルトダウンの危機にある他の号機に比べ、放射線量は、それほど高くないと想定していた。

しかし、5人が二重扉を開けた途端、すぐに最初のアラームが鳴った。作業員は「えっ?」と思った。なぜ、こんなに放射線量が高いのか。4号機は原子炉が動いていないはずだ。いくら燃料プールの水温が高いといっても、100℃もいっていない。燃料が溶けて放射性物質が発生するような高温では、とてもない。

4号機で放射線量があがる理由がわからなかった。しかし、1分も経たないうちに、さらに次のアラームが鳴った。5人は足を止めざるを得なかった。プールの水に高い放射性物質が含まれているはずはない。しかし、原因不明の高い放射線量の中で作業はとてもできない。撤退せざるを得なかった。5人は、トラックで運んできた発電機やポンプなどの機材を建屋の脇に置き、再びトラックに乗って、免震棟に向かった。プールの水温上昇を防ぐための対策は、何一つ打てないままの撤退だった。

作業員の一人は、後の取材に「普段ではあり得ない高い線量を計測したことに衝撃を受けた。しかし、なぜ高いのか理由がさっぱりわからなかった。4号機の燃料プールを見つめてきた我々からみても思い当たる節がまったくなかった」と振り返っている。

4号機の中が高い放射線量にある理由は、重大な危機が4号機に連鎖していることを示す重要な兆しだった。しかし、この時点で、その理由について、免震棟も東京本店も誰一人として気がつく者はいなかった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら