[ボクシング]
杉浦大介「NBCの新シリーズは業界を変えるか」

好カードを地上波で放映

 アメリカでは近年、ケーブルテレビ限定のコンテンツとなっていたボクシングが、地上波に戻ってくる。1月14日、ニューヨークのNBCオフィスビルにおいて、新テレビシリーズ「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」の開始が発表された。

 このシリーズは3月7日に開始され、2015年中に全20興行を予定。土曜日のプライムタイム枠で5度、午後に6度の興行が組まれ、これらをすべてNBCが放送する。さらに残り9つの興行はNBCのケーブル局であるNBCスポーツで放送されるという画期的なものである。

 記念すべき3月の第1回はMGMグランドガーデン・アリーナで開催され、ダブルメインのキース・サーマン対ロバート・ゲレーロ、エイドリアン・ブローナー対ジョン・モリーナはどちらも好カード。4月11日の第2回興行でも、ダニー・ガルシア対ラモン・ピーターソンというスーパーライト級タイトルホルダー同士の対決が組まれている。

 この新プログラムの仕掛人が、現代最高のフィクサーであり、“ボクシング界で最も影響力のある人物”と呼ばれるようになった強力アドバイザー、アル・ヘイモンであることは言うまでもない。

4月のガルシア(左)対ピーターソン戦も好カード。Photo by Kotaro Ohashi

「シリーズ中には素晴らしいマッチアップをファンにお届けできるはずだ。ヘイモンは150人以上の選手を抱えていて、私たちは最高のカードをまとめていく。契約下にない選手との対戦も可能にするつもりでいる」
 シリーズの副社長を務めるレイモント・ジョーンズ氏のそんなコメント通り、ここまで発表されたカードはファン垂涎の組み合わせばかりだ。

 また、NBCとの契約の1週間後には、ヘイモンはスポーツ系のケーブルチャンネルであるスパイクTVとの新シリーズも発表。3月13日の第1回ではアンドレ・ベルト対ホセシト・ロペスというウェルター級サバイバル戦、元王者ショーン・ポーターの復帰戦と、これまた悪くないマッチアップを用意した。

サンタ・クルス(左)と日本人選手の対戦は実現するか。Photo by Kotaro Ohashi

 これまで出場が発表された選手以外にも、フロイド・メイウェザー、デオンテイ・ワイルダー、アミア・カーン、レオ・サンタ・クルス、アドニス・スティーブンソン、フリオ・セサール・チャベス・ジュニア、亀田和毅……とヘイモンは蒼々たる陣容を契約下に抱えている。2014年はミスマッチを連発してファンの不評を買ったが、そのすべてはこの新企画で勝負をかけるためのの下準備に過ぎなかったのだろう。

 特にNBCの新シリーズはNFLのスーパーボウルの中継中にもCMが流されるという情報もあるだけに、ボクシングマニアのみならず、スポーツファンの視線を少なからず惹きつけることは間違いあるまい。