政治政策
「オワコン」労働組合と決別できず。
イメージ刷新に大失敗した民主党で
「期待」するなら、あの議員

ブランド・イメージ刷新に失敗。民主党議員は、もう分裂しか生きる道がない photo Getty Images

政治をビジネスに譬えると、個々の政治家が「商品」、政党が「ブランド」の役割をしている。

個々の商圏(選挙区)にあって、商品の強弱や購買行動の気まぐれはあるが、商品の売れ行きはブランドの強弱に大いに影響される。また、商品は、個別売りだけではなく、ブランド単位でも売られている(比例代表)。

政治家は党というブランドの力を借りて当選し、生活を立て、また、このブランドのシェアの力を使って政策に影響力を行使する。

個人的には、もう少し政治家個々の単位で支持を得られるようなシステムがいいように思うが、かつて主として小沢一郎氏の力業によって、小選挙区制と政党助成金が組み合わさった「党」という単位への依存が大きな仕組みになっているのが、目下の日本の政治ビジネスの「ゲームのルール」の特色だ。また、このルールは、二大政党的な構図にのみフィットしていて、小野党が群立していると、殆ど力を発揮出来ない仕組みになっている。

ブランド・イメージ刷新のチャンスを放棄

さて、過去数年を大まかに振り返ると、「自民党」というブランドの支持に疲れが見えたことで、2009年総選挙で「民主党」が圧倒的な勝利を得て、政権交代を成し遂げた。

しかし、民主党の政権運営はお世辞にも好印象とはいえず、2012年末にデフレ脱却に向けた経済政策を掲げた安部晋三氏率いる「自民党」に大敗を喫した。そして、2年後の昨年末、「民主党」は意外に早く次の総選挙のチャンスを得たが、再び大敗を喫してシェア回復の見込みが立っていないのが、おおよそ現状だ。

しかし、政党間の争いが、ある意味ではブランド・イメージの戦いであることを思うと、自民党は、前回総選挙で勢いに任せて民主党の海江田万里前代表を落選に追い込んだのは、実は「やり過ぎ」だったのではないか。

ライバルである民主党は、この安倍政権のやり過ぎのおかげで、「海江田降ろし」を極めて自然にクリアして、お家芸とも言うべき派閥抗争によるイメージの悪化を経ずに、代表選に向かうことが出来た。さる1月18日に行われた民主党の代表選は、「民主党」というブランドのイメージを刷新する上で、絶好のチャンスであったのだ。

「あった」と過去形で書いたのは、残念ながら、民主党がこのチャンスを活用することに、100%失敗したからだ。

代表選の結果は、おそらく岡田陣営の読み通り、所属国会議員のみによる決選投票に持ち込まれて、岡田克也前代表代行が新代表に選出された。岡田氏個人には申し訳ないが、同氏と民主党の諸氏は、彼に前政権時代の民主党の不出来と、過去に代表として選挙に勝てなかった、ネガティブなイメージが深く染みついていることを自覚すべきだ。

加えて、代表選の際のスピーチで、岡田氏は、自らがしばしば「原理主義者」と呼ばれ頑固であると評されることが多いことに触れて、自分も「変わらなければならない」と述べたが、同氏のこの言葉は、枝野を幹事長に留任させ、細野元幹事長を政調会長に起用するという全く代わり映えのしない執行部人事によって早速裏切られることになった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら