クーリエ・ジャポン×現代ビジネススペシャルセミナー
現地で活躍するビジネスパーソンに聞く!
シンガポール最新ビジネス事情

このエントリーをはてなブックマークに追加
〔PHOTO〕Thinkstock by gettyimages

クーリエ・ジャポン×現代ビジネススペシャルセミナー
現地で活躍するビジネスパーソンに聞く!シンガポールの最新ビジネス事情

 21世紀のアジアの中心都市シンガポールは、ビジネスチャンスに溢れています。
低い法人税率や完備されたインフラによる高い経済成長、恵まれた教育環境、高い医療水準などのさまざまな好環境により、富裕世帯の割合が世界で最も高いといわれています。また、アジアの人々を魅了する観光立国としても高い地位を築いており、低成長、高税率の日本を脱出しシンガポールへ移住する日本の富裕層も少なくありません。

 今回、現代ビジネスは『クーリエ・ジャポン』と共同で、実際にシンガポールで活躍しているビジネスパーソンを招聘し、2015年に建国50周年を迎えるシンガポールの最新情報をお届けするセミナーを開催します。

 シンガポールに関心のあるビジネスパーソンに、世界でもトップクラスのビジネス環境や国際競争力で知られる同国の真の姿を、様々な角度から知っていただくイベントです。ぜひ、お申込みのうえ、ご参加ください。

◆経験者に聞く!日本とはここが違う、シンガポールの最新ビジネス環境
◆シンガポールの最新「教育」「医療」「食」事情
◆アフタービジネス「シンガポールナイトライフ」とは
(予定)

【開催日程】2015年2月26日(木)
【開催時間】18:30受付開始/19:00開演/21:00終了予定
【会      場】講談社内セミナールーム(参加費無料)
【主      催】「クーリエ・ジャポン」「現代ビジネス」
【協      賛】シンガポール政府観光局  
【備      考】当日の模様は「クーリエ・ジャポン」「現代ビジネス」で公開されます。



 

左)岡村聡氏 中)関泰二氏 右)西田滋直氏
岡村聡(おかむら・さとし)
東京大学工学部、東京大学大学院学際情報学府を卒業。その後、経営コンサルティングファーム「マッキンゼー&カンパニー」を経て、国内大手プライベート・エクイティファンド「アドバンテッジ・パートナーズ」に勤務。より多くの人に自分のライフスタイルや人生の目標にあった投資スタイルを、身につけてほしいという思いから会社を退職し、 2010年11月に妻と2人で資産運用のアドバイスを行う株式会社S&S investmentsを立ち上げる。金融のプロとして、培った最先端のスキルを駆使し、セミナーやコラム執筆、個別相談等、幅広く活動しており、講師を務めたセミナーへの参加人数は延べ2,000人を超える。現在、資産運用に加えて、海外移住や海外不動産投資などに関するコンサルティングも積極的に行っている。また、テレビやラジオへの出演や新聞・雑誌への寄稿も多数。2013年夏にはシンガポールにも法人を立ち上げ、海外移住のアドバイス事業を展開。2013年5月「中国・インドの次に来る大チャンス 新興アジアでお金持ち」を発売。
関泰二(せき・やすじ)
早稲田大学大学院アジア太平洋研究科修士課程修了。シンガポール在住。2008年からシンガポール政府省庁IE Singapore でSenior Market Officer および、在京シンガポール共和国大使館商務部で商務官を兼務し、多くのシンガポール企業の日本への投資を支援。2011年にシンガポール政府省庁を退官後、シンガポールにインキュベーションオフィス「CROSSCOOP SINGAPORE」設立。現在まで約250社におよぶ日本企業のスタートアップをシンガポールを拠点に支援。現在は、東南アジア進出コンサルティング会社「NIHON ASSIST SINGAPORE」の代表取締役に就任し、シンガポールにて新ブランド「豚骨火山ラーメン」や日本米おにぎり専門店「SAMURICE」等の新規事業開発および、店舗プロデュースを行い高い評価を得る。同時に新潟県の外郭団体「にいがた産業創造機構」や、福岡県久留米市の海外ビジネスコーディネーターに任命され、海外への販路開拓などを通して地方自治体の地域経済活性化も支援する。その他、投資会社「RISA PARTNER ASIA」の取締役として、日本政策銀行ともに東南アジア現地企業への投資を目的としたファンド運営に参画。また、昨年はシンガポール国立大学公共政策大学院リークワンユースクールの田村耕太郎教授とともに、地政学リスク分析会社「日本戦略情報機構」 を設立するなど、シンガポールを拠点に多くのビジネスを立ち上げ、様々な事業に参画する。主な著書として、『シンガポールと香港のことがマンガで3時間でわかる本』(アスカビジネス)、『なぜ、私達はシンガポールを戦場に選んだのか?』(ゴマブックス出版)。
西田滋直(にしだ・まさなお)
立教大学社会学部卒業。外資系見本市主催会社リードエグジビションジャパン等勤務を経て、日本の食品事業者のグローバル化に欠かせない事業とインキュベート支援事業をするため、2011年に株式会社おいしいJAPANを設立する。マーケティング支援、アライアンス支援等の海外進出コンサルティングに従事する一方で、ASEAN市場最大級の日本食品見本市「Oishii JAPAN」(www.oishii-world.com)を企画・運営する。食品・飲料メーカー、フードサービス関係者、自治体・政府関係者との人的ネットワーク、顧客との密接な協働作業は特に豊富。現在、株式会社おいしいJAPAN代表取締役、関係会社OJ Events Pte Ltd ダイレクター(シンガポール)。農林水産省グローバル・フードバリューチェーン推進官民協議会メンバー(2015年)、(社)日本ラーメン協会アドバイザー(2013年‐2014年)、日本貿易振興機構(JETRO)サービス産業海外展開会議メンバー(2012年)、「JAPAN NEXTキャンぺーン」風評被害解消のための日本の食と文化体験(内閣官房知的財産戦略推進事務局)海外コーディネーター(シンガポール)(2012年)等を務める。

 

記事をツイート 記事をシェア 記事をブックマーク