[サッカー]
田崎健太「米国出張で感じた焦り」

~中村武彦vol.2~
1993年のJリーグ開幕は華々しいものだった。初年度、チャンピオンシップのプログラム

 中村武彦は、町田市立鶴川第二中学校から、青山学院高等部に進んだ。青山学院高等部のサッカー部は、後に日本代表に選ばれる山田卓也たちがいた鶴川第二中学と比べると、かなりレベルは落ちた。中村は仲間とボールを追うことは楽しくて仕方が無かったが、物足りなくなった。そこで、高校3年のときに三菱養和クラブのトライアウトを受けた。合格したのは二人だけ、中村はその一人だった。

無縁でも感じたサッカーの盛り上がり

「(トライアウトは)受かったんですけれど、自宅のある鶴川から三菱養和のある巣鴨まで通うのは遠すぎました。ただ後から考えたら、三菱養和には永井(雄一郎)選手や後にア メリカへの移籍をサポートした西村卓郎とかがいたので、“行っていたらなぁ”と思いますよ」

 10代から20代前半は、人生で感受性の豊かな時期である。この時期に出会った人間、触れた映画、音楽、その他諸々の刺激がそれ以降の人生の大枠を形成していくものだ。
 中村にとっての多感な季節は、ちょうど日本サッカーの変革期と重なった――。高校2年の5月、Jリーグが開幕したのだ。

 だが、中村がJリーグ以上に記憶に残っているのは、同年8月に日本で開催された17歳以下の世界選手権だった。
 日本代表はイタリア、メキシコ、ガーナといった強豪のひしめくグループリーグを勝ち抜き、決勝トーナメントに進出した。準々決勝で優勝したナイジェリアに1対2で敗れたものの、若き才能の胎動を十分に感じさせる結果となった。

「(観戦に行ったのは)ガーナ戦だったかな。国立(競技場)で中田(英寿)、宮本(恒靖)がいたときです」
 ゲームプログラムを開くと、米国代表にロサンゼルス時代の幼なじみの顔写真を見つけた。
「ジョン・オブライエンという選手で、ぼくがロスにいた頃はサッカーをしていなかったんです。サッカーとは無縁の子でした。日本、アメリカ、世界でサッカーが盛り上がってきているんだなと思いました」

 このときは自分が弱小高校のサッカー部でプレーしていたこともあり、ピッチの中は遠い世界としか思えなかった。そして、サッカーを仕事にしようなどと思ったこともなかった。
「自分とは無縁の世界だなと。そして大学のサッカー部に入ったら、さらに無縁だと思うようになりました。世の中には上手い人間は、それこそ腐るほどいるのだと思い知りました」

 進学した青山学院大学のサッカー部にはスポーツ推薦で入って来た学生が多くいた。彼らの巧さに中村は圧倒された。“2軍”の試合に出られるようになったのは3年生のときだった。身体的能力や技術で劣ったとしても、頭を使えばサッカーができることを当時の監督から教わったのだ。

 試合出場の機会は限られていたが、サッカー部で一生の友人ができたことは大きな財産だと中村は思っている。

 大学4年生となり、就職活動を始めた。彼はとにかく英語を使え、国外に出られる仕事に就くつもりだった。
「自分の英語が錆びついているのは分かっていました。もう1回磨き直そう。英語を使える、海外に繋がる会社に入ろうと」
 面接で「入社して何をしたいのか」と訊ねられると、「英語を使える仕事でやっていきたいです」と答え続けた。
 中村は3つの企業から内定を貰い、その中で海外事業部に配属すると約束してくれたNECに入社することにした。