地方議会改革元年へ! 地方議員の「給料」全国ランキング
次の統一地方選挙は地方から政治を変えるチャンス photo Getty Images  

2015年のトピックは、1万5千人以上の議員を選ぶ統一地方選挙

昨年末に衆議院総選挙が行われ、次の衆院選は早くとも2016年の参議院選挙に合わせての衆参同日選挙などと言われており、2015年は、大きな国政選挙のない年になる。

2015年の最も大きな政治トピックが、4年に1度の「統一地方選挙」という事になる。

4年前の2011年の統一地方選挙では、当時、議員や首長など37,302人の地方政治家がいたうち、42.5%に当たる15,841人が選ばれた。

2014年は、地方議員の数々の不祥事で、地方議会に注目の集まる1年だった。

東京都議会でのセクハラヤジに始まり、兵庫県議による政務活動費の不正利用疑惑、年末には、地元、市川市議会でも政務活動費での切手大量購入による不正利用疑惑がメディアで報じられるなど、後も留まることなく立て続けに起きている地方議会を取り巻く様々な疑惑や事件。多くの有権者にとっては、政治に対する不信感が積もり、広がるばかりだと言えたのではないだろうか。

しかし、逆に言えば、これまで表に出てくる事のなかった地方議会に注目が集まる事で、問題が明るみに出て、多くの国民に共有してもらえた事は、地方議会が悪しき伝統から決別し、大きく改革を進めていく可能性につながっていく様にも思う。

その意味でも4月の統一地方選挙は、4年に1回の地方議会を大きく変更するチャンスである。

有権者の皆さんには、是非、市民本位の議会への変革につながる様、国政以上に関心を持ってもらいたいと思う。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら