「文章力は、伝達力の基本」
【第15回】文章は、相手に分かる書き言葉で書く!

〔PHOTO〕Thinkstock

【第14回】はこちらをご覧ください。

「分かりやすい表現」は「分かりやすい言葉」

「分かりやすい文章」「伝わる文章」を書くためには、「分かりやすい構造」にしたうえで、「分かりやすい表現」で書くことが必要です。

「分かりやすい表現」とはどういうことか? それをここから説明していきます。

「分かりやすい表現で書く」とは、一言でいうと、「分かりやすい言葉で書く」ということです。逆に言うと、「分かりやすい言葉」で書けば、「分かりやすい表現」になります。

では、その「分かりやすい言葉」とは何でしょうか? 「分かりやすい言葉」にはいくつか種類・レベルがあります。

1)基礎編:書き言葉で書く
2)中級編:相手に分かる言葉で書く

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら