[BCリーグ]
福島・村田和哉「望んでいた独立リーグでの第一歩」

 2015年シーズンより、新規参入する福島ホープスでプレーイングコーチをすることになりました村田和哉です。小野剛GMからコーチ就任の打診を受けたのは、2回目のNPBトライアウト終了後でした。もともと将来的には指導者になりたいという目標を持っていた僕にとっては、願ってもない話でしたので、NPBの道を断たれたことがはっきりした時点で、迷うことはありませんでした。もちろん、指導するのは初めてですので、不安もありますが、指導者としての第一歩を福島の地で踏み出せることに感謝しています。

 実は以前から、独立リーグで指導者としてのスタートを切られたらいいなと思っていました。というのも、やるからにはやはり指導者としてもNPBを目指したいという気持ちがあったからです。それには高校や大学、社会人ではなく、独立リーグが最適な場だと考えていました。

 もちろん、これまで独立リーグからは多くの指導者がNPBの球団に行っているということもあります。しかし、それだけではありません。独立リーグの厳しい環境だからこそ、得るものがたくさんあると思っていたからです。

 その理由は、北海道日本ハムで仲の良かった荒張裕司選手の姿を見てきたことにあります。荒張は四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスから日本ハムに入団してきた選手で、彼の貪欲さは、他の選手の比ではありませんでした。彼は決して1打席も無駄にしません。たとえ結果は凡打だったとしても、一塁まで全力疾走するのです。もちろん守備でも同じです。ひとつのボールに対し、手を抜くことがないのです。そんな荒張のユニフォームはいつも泥だらけでした。彼のハングリーさを見ていて、「厳しい環境でやってきたからこそなんだろうな」と感じていたのです。

 その荒張に、今回のプレーイングコーチ就任を伝えたところ、ひと言こう言われました。「厳しいですよ」もちろん、僕自身、覚悟をしています。そして予想以上の厳しさが、きっと勉強になると思っています。