「未婚で年収200万円以下の若者」の約8割は親の実家に住んでいる! 調査から明らかになった、若者の「住まいの貧困」の実態

「未婚で年収200万円以下の若者」の8割は親の実家に住んでいる

ビッグイシュー基金が「『若者の住宅問題』-住宅政策提案書[調査編]-」という素晴らしい調査レポートを発行しています。本レポートより、若者が直面している「住まいの貧困」の現状をダイジェストでお伝えします。

本調査の概要は以下のとおりです。

〈 (調査の概要)

1. 首都圏(東京都、埼玉・千葉・神奈川県)と関西圏(京都・大阪府、兵庫・奈良県)に住む
2. 20~39歳
3. 未婚
4. 年収200万円未満の個人

を対象とし、居住実態と生活状況に関するアンケート調査を2014年8月に実施した。学生は、調査対象に含めていない。

回答者の選定では、首都・関西圏の別、性別、年齢が偏らないように留意した。調査の実施は、イプソス株式会社に委託し、同社が利用可能なインターネット調査パネルから対象者を選び、1,767人から回答を得た。 〉

一言で言うと「都市部に住む低所得かつ未婚の若者」の住まいに関する調査ということです。

この調査でまず印象的なのは、「親との同居率」。実に約8割の若者が、親と同居していることがわかりました。

〈 調査結果によると、親同居の割合は77.4%におよぶ。国勢調査(2010年)の結果から、未婚の若者一般(首都・関西圏の20~39歳)に関し、親同居率をみると、61.9%であった。

本調査の回答者では、親同居の割合がきわだって高く、それは、経済力がより低いために、親もとに住むことで生活を維持しようとする人たちが多いことを示唆する。 

住居費負担が高すぎるために、家を出ることができないわけですね。ちなみに、ぼくが住む高知市などでも、こうした話はよく耳にします。調査は都市部の若者を対象にしたものですが、雇用環境が十全でない地方においても、状況は同じだと思われます。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら