「ハンセン病の差別撤廃、若者に託す」---全療協・森和男会長
大学生からの取材を受ける全療協の森会長=1月9日、東京・虎ノ門にある日本財団にて

「生まれた赤ちゃんはホルマリン漬けにされて新薬の治験に」「治療に使ったガーゼや包帯は再利用」「療養所は、納骨堂・焼き場・宗教施設があり、終生隔離を前提としてつくられた」---全国ハンセン病療養所入所者協議会(全療協)の森和男会長は、療養所での暮らしを学生たちに語った。

医学的には解決に進んでいる同病だが、政府の誤った隔離政策で植えつけられた差別や偏見はいまだ残っている。数十年間も隔離されていた患者たちの平均年齢は80歳を超えた。社会的に解決するために、森会長が若者に思いを託した。

ハンセン病の差別撤廃を目指す「THINK NOW ハンセン病ユースチーム」の大学生3人は1月9日、日本財団で森会長に約60分間、話を聞いた。

中嶋泰郁さん(早稲田大学教育学部3年)は、療養所での結婚生活と生まれてくる赤ちゃんについて聞いた。1948年に成立した「優生保護法」では、ハンセン病患者の本人の同意を得ての優生手術(人口中絶手術)を認めた。諸外国からの見られ方を気にした政府は、ハンセン病患者をこれ以上増やしたくないという理由で、患者に子どもを生ませないようにしたのだ。

森会長は、男女で隔離されていたため結婚する者たちが自然とできていたと振り返り、胎児の劣悪な扱いについても説明した。「生まれてきた赤ちゃんはホルマリン漬けにされ、治験に使われていたよ。ハンセン病は遺伝しないし、赤ちゃんは何の罪も犯していない。なぜ治験に使われなくてはいけないのか」。

1948年に優生保護法が成立したことで、患者に対する中絶が法律的には違法ではなくなったとしても、患者の胎児に対するこの犯罪に等しい行為は法律ができる戦前からおこなわれていたという。

さらに、森会長は療養所での暮らしについて話を続けた。療養所は、「納骨堂・焼き場・宗教施設」が設置されている。病気を治すための施設では異様なつくりで、それこそ、「終生隔離」だと入所者に伝えているものだと訴えた。ガーゼや包帯も一度使用したものを、洗って、蒸気で消毒し、再利用していたという。