[裏方NAVI]
加藤裕之(コナミスポーツクラブ体操競技部監督)<前編>「内村航平、強くあり続けられる理由」

 いったい、この男はどこまで強くなるのだろうか――。昨年の世界選手権で個人総合5連覇を達成し、2008年の全日本選手権以降、12年ロンドン五輪も含め、個人総合では負け知らずの31連勝。世界体操界の歴史にその名を刻み続けているのが、内村航平である。彼が所属するコナミスポーツクラブ体操競技部の監督であり、北京、ロンドンと2大会連続で五輪日本代表コーチを務めた加藤裕之はこう言う。
「航平こそ、歴代の世界最強の選手ですよ」
 07年のユニバーシアードから日の丸を背負って演技する内村を見てきた加藤に、内村の強さの所以を訊いた。

強さの源は“心”にあり

「本番で普段通りに自分の演技ができること」
 強い選手の共通項を訊くと、加藤はこう答えた。
「よく内村は緊張しない、と言われますが、やはり心の強さを持っている選手というのは普段通りの演技ができるので、ミスが少なく、結果を出しますよね。技術うんぬんとは別に、大舞台に強いメンタリティは、強い選手の必須条件だと思います」

 もちろん、内村だけではない。加藤の長男、凌平もまたそのひとりだ。その強心臓ぶりを発揮したのが、ロンドン五輪だった。4年に一度の大舞台の雰囲気は、世界選手権などとは比較にならないほど、独特なものがある。
「とにかく観客の数と声援の大きさが違うんです。異常なほど盛り上がるので、競技中はわずか1メートルほどの距離でも声が聞きとれないほどです」
 北京で初めて五輪の舞台に足を踏み入れた加藤もまた、その異様さに驚きを隠せなかったという。

 ところが、ロンドン五輪でチーム最年少、若干18歳で初出場を果たした長男の凌平は、いつもと変わらず飄々としていたという。
「最年少でしたから、あまりプレッシャーがなかったんでしょうし、父親の私もいることで安心感もあったと思いますよ」
 と加藤は語るが、それでもやはり、並みの心臓ではないことは確かである。

――もし、自身が現役時代に五輪に出場していたとしたら?
 そんな質問をぶつけると、加藤は涼しい顔でこう答えた。
「おそらく、普段通りにやれたと思いますよ」
 どうやら強心臓は、父親譲りのようである。

 さて、話を内村に戻そう。彼のメンタルの強さは、緊張やプレッシャーに対してだけではない。内村には類まれな意志の強さがある。それこそが、非凡である所以なのだ。
「航平は手を抜くことを知らない。その日にやると決めたことは、どんなことがあってもやります。周りからの影響は絶対に受けないんです」

 世界王者である内村には、取材やイベントなどの依頼は後を絶たない。もちろん会社としては、可能な限り支障がないようにしている。だが、それでも時にはどうしても予定していた練習の時間に入れなければならなくなることもある。そんな時、内村はどうするか。練習開始を前倒しにして、きっちりと予定していた時間を確保するのだ。「用事が入ったから、少し練習を軽めにしよう」などという考えは一切起こさない。

 加藤は言う。
「だから私たち指導者は、彼に負担がかかりすぎないように気を付けなければならないんです。でも、そのくらい意志が強いからこそ、ここまでチャンピオンであり続けられるんだなというのは、彼に教えられましたね」